日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

原子燃料物質の海上輸送の安全性に関する調査研究-R3-

 事業名 船舶関係諸基準に関する調査研究
 団体名 日本船舶技術研究協会 注目度注目度5


原子燃料物質の海上輸送の安全性に関する調査研究−R3−
 
目次
1. はじめに
1.1 調査研究の目的
1.2 調査研究の概要
1.3 調査研究の実施スケジュール
2. 新しい基準策定の必要性
2.1 海査第450号の制定の背景
2.2 新しい基準策定の必要性
3. 欧米における解体廃棄物輸送に関する調査
3.1 欧米における廃棄物輸送の状況
3.2 国際輸送規則改訂に関する対応
4. 実用発電用原子炉施設の廃止措置に伴う解体放射性物質とその輸送物の調査
4.1 廃止措置に伴う解体廃棄物の分類と仕様
4.2 廃止措置に伴う解体廃棄物の発生量と輸送時期
4.3 解体廃棄物の輸送物形態
5. 解体廃棄物の海上輸送における確率論的安全評価(再評価)
5.1 解体廃棄物の潜在的危険性の評価
5.2 確率論的安全評価(再評価)
6. 解体廃棄物の海上輸送における事故時環境影響評価
6.1 解体廃棄物輸送事故時の環境影響評価(軽水炉)
6.2 解体廃棄物輸送事故時の環境影響評価(ガス炉の見直し)
7. 解体廃棄物運搬船の構造設備要件及びその他の技術要件の検討
7.1 新燃料運搬船−丙種貨物運搬適合船の現状
7.2 放射性物質以外の危険物運搬船の構造・設備要件等の調査
8. 解体廃棄物運搬船の運航管理で考慮すべき事項の検討
8.1 放射線管理で考慮すべき事項
8.2 運航規定で考慮すべき事項
8.3 緊急時対応で考慮すべき事項
8.4 その他考慮すべき事項(積付検査等)
9. 次年度の検討項目
10. あとがき
11. 添付資料リスト
資料1 IAEA輸送規則改訂提案に関する対応
資料2 内航海運業法の運航管理制度
資料3 ISM CODEの概要
資料4 INFコード物質を運搬する船舶のための船上緊急時計画作成のためのガイドライン
 
 
この成果物は、PDF形式でも作成されています。ご覧になるためにはあらかじめAcrobat Readerが必要です。「Get ADOBE READER」ボタンをクリックして無料のAcrobat Readerを入手する手順をご確認下さい。
 
 
 
 





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
5,966位
(31,553成果物中)

成果物アクセス数
488

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年11月16日

関連する他の成果物

1.新世代船体構造強度基準の作成に関する研究-MP1-
2.次世代救命システム基準の作成に関する調査研究?MP2?
3.船舶の大気汚染防止基準の作成に関する調査研究?MP3?
4.塗装基準に関する調査研究-SPC-
5.技術基準の性能規定化促進等に関する調査研究?SPD?
6.船舶の安全評価手法に関する調査研究-SPF-
7.温室効果ガスの船舶からの排出算定基準の作成に関する調査研究-SPG-
8.満載喫水線及び復原性規則改定案の作成に関する調査研究-SPL-
9.防汚塗装の環境負荷に関する調査研究-SPP-
10.海事保安に関する調査研究-SPS-
11.老朽タンカー対策の策定に関する調査研究-SPT-
12.船舶の防火に関する調査研究-R2-
13.バラスト水処理基準に関する調査研究-RBW-
14.統合ビルジ処理システムのガイドラインに関する調査研究-RIBT-
15.航海及び無線設備に関する調査研究-RNC-
16.汚水処理に関する調査研究-RSW-
17.バルクキャリア安全対策・内航ケミカル船 新構造設備基準説明会資料
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から