日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


7・5 主要操作つまみの調整位置と映像との関係
 各つまみの操作法は、すでに前項で説明したが、その調整状態で映像がどのように変化するかを写真7・1に示す。
 写真7・1では、いずれも同調は最良点にセットされた状態である。
写真 No. 1
 利得を除き、他は最適の状態にあるにもかかわらず、利得がやや過大のため、分解能が低下している。
 サイドロープによる偽像も出やすくなる。
写真 No. 2
 他は最適の状態にあるが、輝度がやや明る過ぎるので見づらい。
写真 No. 3
 A/C SEAによる近距離の利得制御が全くないため、近くの小物標が海面反射によるエコーで覆い隠されてしまっている。
写真 No. 4
 ほぼすべての調整が最適の状態にある。
 物標の分離もはっきりと識別できる。
写真 No. 5
 No. -4の状態でA/C RAINスイッチをONにした状態である。
 普通やや感度、輝度とも低下するので、A/C RAINをONにした場合は、少し利得、輝度とも上昇させた方がよい。
 No. -4より距離分解能が若干よくなっている。
写真 No. 6
 A/C SEAの効果を大きくし過ぎると、近距離の物標まで見えなくなるので注意を要する。小物標が消えず、かつ、海面反射のエコーが消える点を、微調整して探すことが大切である。
写真 No. 7
 輝度不足である。
写真 No. 8
 利得不足である。
 
写真7・1 主要操作つまみの位置と映像の出方
(拡大画面:285KB)
 
7・6 カーソルの使い方
 正確な方位の測り方として次のことに注意すること。
 レーダーでは、空中線の水平ビーム幅の分だけ、映像が横方向に拡大される性質がある。これは物標がビーム幅の中にある間は、反射波が受信されるためで、空中線が物標に正しく向く1/2ビーム幅の手前から反射波は受信され始め、これは物標から1/2ビーム幅それるまで続いているので、映像面では物標の両端がそれぞれ1/2ビーム幅ずつ拡大されることになる。図7・20はこれらのようすを示したもので、方位の正確な測定には、次の注意が必要である。
(1)単一物標の方位を測る場合
 カーソル線をその物標の映像中心に合わせて測る。
(2)物標の一端の方位を測る場合
 例えば島等の一端を測る場合は、映像の端から1/2ビーム幅だけ内側にカーソル線を合わせる。図7・21の点線は誤りで、実線が正しい合わせ方である。この方位拡大効果は受信機の感度を上げると大きくなるので、カーソルの入れ具合も、それにより幾分加減が必要である。
 
図7・20 水平ビーム幅による方位の拡大
 
図7・21 カーソル線の正しい合わせ方
 
7・7 操作上の個人差
 操作の方法は、取り扱う人によっても、また、操作の目的や海面の状況によっても異なってくる。例えば、昼間明るい所で調整する場合は、ビデオと距離目盛を上げておいて、掃引線がわずかに見える程度に輝度調整を行い、この状態で感度を上げるような調整を行うのが普通である。この方法は、弱い物標に対して最良のレスポンスが得られる。しかし、CRT面上に雑音が現れないように感度調整を調整して、強い物標だけを表し、非常にきれいな画面にすることもしばしば行われている。要はこれらの調整法が常に最良でなくても、その都度使用目的に応じて変えていけばよいわけで、例えば航行だけの目的からいえば近距離にある物標に対しては、感度調整を半分ぐらいにして十分物標が識別できるようにし、海面反射を制御するためSTCサプレッサーを適度に動作させれば十分であろう。しかし、弱い小さな物標や遠い物標を探知しようとする場合には、距離目盛を消して感度調整を上げ、CRT面上に少し雑音が出る状態で使用する方が望ましい。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
173位
(31,179成果物中)

成果物アクセス数
67,196

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年6月8日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
5.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
9.船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から