日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 電気工学.電子工学 > 成果物情報

船舶電気装備技術講座 〔電気計算編〕 (中級)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導等
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


6・4 三相誘導電動機の推定始動時間
(1)始動時間
(2)停止のための減速時間
(3)制動トルク付きの停止のための減速時間
J:合成慣性モーメント〔kg-m2〕電送機軸に換算した合成慣性モーメントをいう。
T:電動機の発生トルク〔kg-m〕
TL:所要の負荷トルク〔kg-m〕
TB:制動トルク〔kg-m〕
n:回転速度〔s-1〕したがって、ω=2πn・・・角速度
注:Jについては10・1・1参照のこと。
 
400〔kW〕以下で、二次抵抗挿入の場合の始動時間
P:電動機の定格出力〔kW〕
 
(1)75%タップ以下で始動の場合
(2)60%タップ以下で始動の場合
BHP:電動機の定格出力〔ps〕
(1)電動揚錨機(ウィンドラス)
Wr:定格荷重〔t〕
両玄形 Wr=k×〔(主アンカー重量×2)+(40mアンカ・チェン重量×2)〕
片玄形 Wr=k×〔(主アンカー重量×1)+(80mアンカ・チェン重量×1)〕
k:摩擦係数(約1.35)
Vr:定格巻上速度〔m/min〕(普通9m/min)
η:機械効率(小数)(約0.5〜0.6)
(2)電動係船機(キャプスタン)
W:引張荷重〔t〕
V:定格速度〔m/min〕
η:機械効率(小数)(約0.6〜0.7)
(3)電動揚貨巻上機(カーゴウィンチ)
W:定格荷重〔t〕
V:定格速度〔m/min〕
1.07:滑車とロープ間の摩擦係数
η:機械効率〔%〕
(4)電動起重機(門形デッキクレーン)
(a)巻上用
W1:巻上荷重〔t〕
V1:巻上速度〔m/min〕
η1:機械効率(小数)(通常0.6〜0.8)
(b)横行用
W2:W1+クラブ重量〔t〕
V2:横行速度〔m/min〕
C2:横行抵抗=1ton当りのけん引力〔kg/t〕(通常23〜33kg)
η2:機械効率(小数)(通常0.7〜0.8)
(c)走行用
W3:W2+けた重量〔t〕
V3:走行速度〔m/min〕
C3:走行抵抗=1ton当りのけん引力〔kg/t〕(通常23〜33kg)
η3:機械効率(小数)(通常0.65〜0.7)
 
(5)電動ポンプ
Q:液体の吐出量〔m3/min〕
H:全揚程〔m〕
ρ:液体の密度
4℃の水の場合 ρ=1であるから
ポンプの効率をηPとすればポンプ軸に加える軸動力
よって、
電動機出力=(軸動力)×(1.1〜1.2)〔kW〕
参考 ポンプの種類と性能
(拡大画面:24KB)
(6)電動通風機
Q:吸込空気量 〔m3/min〕
PS1、PS2:吸込口及び吐出し口の絶対静圧 〔mmAq〕
Pd1、Pd2:吸込口及び吐出し口の動圧 〔mmAq〕
P:吐出し口と吸込口の全圧差 〔mmAq〕
P=(PS2-PS1)+(Pd2-Pd1)
η:通風機効率(小数)(下表)
(注)風圧を表すには通常水柱の高さ(単位はmmAq)で表す。
1kg/cm2=10,000kg/m2=10mAq=10,000mmAq 即ち1mmAq=1kg/m2
 
通風機形式−効率表
通風機の形式 η
ターボベーン形 0.60〜0.75
プレート形 0.50〜0.60
多翼形 0.45〜0.65
リミットロード形 0.55〜0.70
軸流形 不可逆 0.55〜0.75
可逆 0.40〜0.60
 
(7)空気圧縮機(コンプレッサ)
P1:吸込空気の絶対圧力 〔kg/m2abs〕
Q1:吸込状態に換算した空気量 〔m3/mm〕
P2:吐出し絶対圧力 〔kg/m2abs〕
k:空気の断熱指数
(標準吸込状態における空気の断熱指数1.4)
η:圧縮機の効率(小数)・・・(下表)
種類 η
1段圧縮機 特に小形空冷式 0.20〜0.605
小形水冷式 0.50〜0.80
中形水冷式 0.70〜0.85
2段圧縮機 0.70〜0.90
 
(8)エレベータ(つり合いおもりを有する場合)
W:最大積載荷重〔t〕
V:定格昇降速度〔m/min〕・・・(下表)
・・・(0.5〜0.6)
WL:昇降箱荷重〔t〕
WC:つり合いおもり荷重〔t〕
η:機械効率(小数)
エレベーターの速度
用途 定格速度〔m/min〕
荷物用 15〜30
食料品、料理品 25〜30
乗客用 30〜60







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
55位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
188,326

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.船舶電気装備技術講座 〔電気装備技術基準編〕 (中級)
2.船舶電気装備技術講座 〔電気艤装設計編〕 (中級)
3.船舶電気装備技術講座 〔試験・検査編〕 (中級)
4.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (レーダー)
5.船舶電気装備技術講座 〔機器保守整備編〕 (レーダー)
6.船舶電気装備技術講座 〔装備艤装工事編〕 (レーダー)
7.船舶電気装備技術講座 〔船舶自動識別装置等設置編〕 (レーダー)
8.船舶電気装備技術講座 〔基礎理論編〕 (GMDSS)
9.船舶電気装備技術講座 〔艤装工事及び保守整備編〕 (GMDSS)
10.船舶電気装備技術講座 〔法規編〕 (GMDSS)
11.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (強電用)
12.船舶電気設備関係法令及び規則 〔(資格更新研修用テキスト〕 (弱電用)
13.電線貫通部の工事方法に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から