日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

救命艇装置・消防設備の保守点検整備説明会資料

 事業名 船用品等に関する法令研究及び情報提供
 団体名 日本船舶品質管理協会  


参考資料(救命艇関係)
MSC/Circ. 1093仮訳
MSC/Circ.1093
17 June 2003
(MSC/Circ.1093/Corr.1(1 November 2004)により訂正)
 
原文 仮訳
GUIDELINES FOR PERIODIC SERVICING AND MAINTENANCE OF LIFEBOATS, LAUNCHING APPLIANCES AND ON-LOAD RELEASE GEAR  救命艇、進水装置及びオンロード離脱装置の定期的整備及び保守に関するガイドライン
1 The Maritime Safety Committee, at its sixty-second session (24 to 28 May 1993), approved Guidelines on inspection and maintenance of lifeboat on-load release gear, issued as MSC/Circ.614.
1 海上安全委員会は、第62回会合(1993年5月24日〜28日)において、MSC/Circ.614として発行した「救命艇のオンロード離脱装置の点検及び保守に関するガイドライン」を承認した。
2 Recognizing the experience gained since the approval of the Guidelines by MSC 62 and that the implementation of expanded and improved guidelines could contribute towards a reduction of the incidence of accidents with lifeboats, the Maritime Safety Committee, at its seventy-seventh session (28 May to 6 June 2003), approved the Guidelines for periodic servicing and maintenance of lifeboats, launching appliances and on-load release gear, set out in the annex, which could also beused for the periodic servicing and maintenance of liferafts, rescue boats and fast rescue boats and their launching appliances and on-load release gear.
2 MSC62でのガイドライン承認以降に得られた経験並びに拡張かつ改善されたガイドラインの実施が救命艇事故の減少に寄与し得るであろうことを認識し、海上安全委員会は第77回会合(2003年5月28日〜6月6日)において、附属書に示す「救命艇、進水装置及びオンロード離脱装置の定期的整備及び保守に関するガイドライン」を承認した。このガイドラインは、救命いかだ、救助艇及び高速救助艇並びにそれらの進水装置及びオンロード離脱装置の定期的整備及び保守にも使用することができる。
3 Member Governments are invited to give effect to the annexed Guidelines as soon as possible and to bring them to the attention of shipowners, ship operators, ship personnel, surveyors, manufacturers and all others concerned with the inspection and maintenance of lifeboats, liferafts, rescue boats and fast rescue boats and their launching appliances and on-load release gear.
3 加盟国政府は、附属書のガイドラインを出来るだけ早く実行すること、及び、このガイドラインを船主、船舶運航者、船員、検査員、製造者及びその他、救命艇、救命いかだ、救助艇及び高速救助艇並びにその進水装置及びオンロード離脱装置の点検及び保守に関係する全関係者に周知することを要請されている。
4 This circular supersedes MSC/Circ.614.
4 このサーキュラーは、MSC/Circ.614に取って代わるものである。
ANNEX 附属書
GUIDELINES FOR PERIODIC SERVICING AND MAINTENANCE OF LIFEBOATS, LAUNCHING APPLIANCES AND ON-LOAD RELFASE GEAR 救命艇、進水装置及びオンロード離脱装置の定期的整備及び保守に関するガイドライン
General 一般
1 The objective of these Guidelines is to establish a uniform, safe and documented performance of periodic servicing and maintenance of lifeboats, launching appliances and on-load release gear.
1 このガイドラインの目的は、救命艇、進水装置及びオンロード離脱装置の定期的整備及び保守に関して、統一的で、安全な、文書化された実施態勢を確立することである。
2 These Guidelines relate to the application of the ISM Code to periodic servicing and maintenance of lifeboat arrangements and should therefore be reflected in procedures developed for a ship under that Code.
2 このガイドラインは、救命艇装置の定期的整備及び保守に関して、ISMコードの適用に関連している。従って、コードが適用される船舶のために構築される手順に反映されなければならない。
3 These Guidelines can also be used for the periodic servicing and maintenance of liferafts, rescue boats and fast rescue boats and their launching appliances and release gear.
3 このガイドラインは、救命いかだ、救助艇及び高速救助艇並びにそれらの進水装置及びオンロード離脱装置の定期的整備及び保守にも使用することができる。
4 Detailed guidance regarding some procedures covered by these Guidelines is provided in the appendix.
4 このガイドラインに含まれる、いくつかの手順に関する詳細な手引きを付録に示す。
SOLAS regulations SOLAS 規則
5 The Guidelines relate to the requirements contained in:
5 このガイドラインは、以下の規則に規定される要件に関係している:
.1 SOLAS regulation III/20 - Operational readiness, maintenance and inspections; and
.1 SOLAS III/20規則−操作の準備、保守及び点検
.2 SOLAS regulation III/36 - Instructions for on-board maintenance.
.2 SOLAS III/36規則−船上における保守のための指示書
Responsibility 責任
6 The company * is responsible for servicing and maintenance onboard its ships in accordance with SOLAS regulation III/20 and for the establishment and implementation of health, safety and environment (HSE) procedures covering all activities during servicing and maintenance.
6 会社*は、SOLAS III/20規則に従った整備及び保守と、整備及び保守のための全ての作業に対する健康、安全及び環境(HSE)の手順の確立とその実施に責任を有する。
* For the purpose of these Guidelines, "company is as defined in SOLAS regulation IX/1.2
* このガイドラインの目的において、「会社」は、SOLAS IX/1.2規則に定義されているとおり。
7 The personnel carrying out servicing and maintenance are responsible for the performance of the work as authorized in accordance with the system specified in paragraph 9 10.
7 整備及び保守を行う要員は、9 10項に規定するシステムに従って委任された業務の実施に責任がある。
(編者注:MSC/Circ.1093/Corr.1(1 November 2004)により訂正)
8 The above personnel is also responsible for complying with HSE instructions and procedures.
8 上記の要員は、HSE指示書及び手順書に従うことにも責任がある。
9 Where satisfied with an organization's ability to carry out these functions, the Administration may authorize such organization to perform the functions of the manufacturer as assigned under these Guidelines, if the manufacturer is unable to provide the service.
9 製造者がそのサービスを提供できない場合、ある団体がその職務を果たす能力を持つと認めれば、主管庁は、このガイドラインで製造者に割当てられた職務を実施する権限をその団体に与えても良い。
Authorization 認可
10 Where these Guidelines require certification of servicing personnel, such certification should be issued by the manufacturer in accordance with an established system for training and authorization.
10 サービス要員の認証をこのガイドラインが要求している場合、その様な認証は、訓練と承認のための確立されたシステムに従って、製造者によって発行されなければならない。
Qualification levels 資格水準
11 Weekly and monthly inspections, and routine maintenance as defined by the manufacturer, should be conducted under the direct supervision of a senior ship's officer in accordance with the instructions provided by the manufacturer.
11 週毎及び月毎の点検並びに製造者が規定する日常保守は、製造者により提供される指示書に従って上級士官の直接監督の下で実施されなければならない。
12 All other inspections, servicing and repair should be conducted by the manufacturer's representative or a person appropriately trained and certified by the manufacturer for the work to be done.
12 その他の点検、整備及び修理は、製造者の代表者又は製造者によりその業務実施のために適切に訓練され、認定された要員によって実施されなければならない。
Reports and records 報告書及び記録
13 All reports and checklists should be correctly filled out and signed by the person who carries out the inspection and maintenance work and should also be signed by the company's representative.
13 全ての報告書及び点検表は、正しく記入され、点検及び保守作業を実施した者により署名され、かつ「会社」(編者注:ISMコードのcompany)の代表者により署名されなければならない。
14 Records of inspections, servicing, repairs and maintenance should be updated and filed onboard the ship.
14 点検、整備、修理及び保守の記録は、更新され、船上にファイルされなければならない。
15 When repairs, thorough servicing and annual servicing are completed, a statement confirming that the lifeboat arrangements remain fit for purpose should be issued by the manufacturer's representative.
15 修理、詳細整備及び年次整備が完了した時には、救命艇装置がその目的に適合していることを確認した旨の声明書が、製造者の代表者によって発行されなければならない。


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
617位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
15,658

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.-船用品及び船舶機器に関する検査関係情報- 「海洋汚染防止設備等」及び「海洋汚染防止緊急手引書」検査心得の一部改正
2.SART性能要件見直しに係る提案文書 / Revision of the performance standards for Search and Rescue Radar Transponder(SART)
3.the effectiveness of CURCULAR POLARIZATION SART
4.-船用品及び船舶機器に関する検査関係情報- 「海上退船システムガイドライン」及び船舶検査心得一部改正(案)
5.-船用品及び船舶機器に関する検査関係情報- 相当確認、相当手引書の承認及び相当原動機証書の交付の運用について
6.-船用品及び船舶機器に関する検査関係情報- 沿岸小型船舶関連 「小型船舶安全規則等の一部改正」及び「船舶検査心得の一部改正」
7.平成16年度 天然ガス改質舶用遮熱エンジンの研究開発報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から