日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

企画展「世界のロイヤルヨット今昔物語」報告書

 事業名 海事科学知識の普及啓蒙活動
 団体名 日本海事科学振興財団 注目度注目度5


■“初加勢(はつかぜ)”
 明治35年(1902)建造。全長31.32メートル。80総トンの2檣蒸気船。蒸気機関230馬力。速力11.38ノット。長崎・三菱造船所の行幸記念として、当時の皇太子(後の大正天皇)に、岩崎久弥男爵から贈られました。船体は亜鉛メッキ鉄材にチーク材張り。シリンダー・カバーに天皇家の「菊」の紋章が浮き彫りにされています。船室はチークに七宝パネル、天井にはシャンデリア。敗戦時に米軍に接収されたが、昭和24年(1949)、日本に返還され、観光船として運行中の昭和25年(1950)年3月18日、紀伊半島・鳥羽沿岸で座礁し、船体放棄されました。
 
高須浜沖(広島県・呉)の“初加勢”
(大正10年(1921)7月10日)
 
“初加勢”舷門にお立ちになる海軍兵学校ご在籍時
17歳の高松宮殿下
 
“初加勢”より戦艦“長門”を望む
資料提供:高松宮家
 
■海上保安庁“まつなみ”(PC53)
 昭和46年(1971)年から平成7年(1995)まで就役。全長23メートル、総トン数83トン、速力20.5ノット。昭和天皇の海洋生物採集船も兼務していました。
 
 
■海上保安庁“まつなみ”(PC01)
 平成7年(1995)就役。全長35メートル、総トン数204トン、速力25ノット。第三管区海上保安本部に所属し、貴賓室があり迎賓艇としても活躍しています。
 


前ページ 目次へ 次ページ





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
874位
(30,289成果物中)

成果物アクセス数
10,760

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年11月10日

関連する他の成果物

1.企画展「写真で振り返る船の科学館の30年」ポスター
2.企画展「世界のロイヤルヨット今昔物語」ポスター
3.企画展「船を造る?葦船と木造カヌー?」報告書
4.企画展「船を造る?葦船と木造カヌー?」ポスター
5.企画展「船と祭り」ポスター
6.企画展「小笠原へ行こう!」ポスター
7.企画展「船と祭り」報告書
8.企画展「小笠原へ行こう!」報告書
9.船の科学館開館30周年記念 海・船セミナー2004 この人海と船を語る 講演録
10.戦前日本の最優秀客船 新田丸
11.船絵馬入門
12.平成16年度「教育・研究図書有効活用プロジェクト」年次報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から