日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2000/08/18 産経新聞朝刊
【主張】対中新規援助 戦略なき支離滅裂の外交
 
 日本政府が中国への新たな政府開発援助(ODA)の供与を内定したことが論議の輪を広げている。特別円借款百七十二億円という大型援助である。従来の巨額の対中援助の是非が見直され始めたこの時期に、唐突に打ち出された新規援助案に対しては、今月上旬から参院予算委員会、同外交防衛委員会、自民党外交関係合同会議などで反対論が続出した。
 反対は当然である。この新規援助案はわが国の対中政策とODA政策いずれもの欠陥をあまりに明白に露呈したからだ。資金を負担する国民にとっては屈辱でさえあろう。
 そもそも毎年二千億円にも及ぶ対中援助は日本政府が宣言するODA大綱違反の疑いが濃い。大綱は援助実施には相手国の軍事支出、大量破壊兵器・ミサイルの製造や輸出入、人権と自由の保障などに十分の注意を払うことを決めている。中国の軍事や政治の現状が疑義を生むのは当然である。河野洋平外相が五月に中国外相に対して中国の軍事費の増大などを理由にODA見直しを遅きに失しながらも言明したのも、そうした背景からだった。
 ところが縮小方向をにじませたその見直し作業が始まった段階で突然、新規の大型援助が決められたのだ。しかも中国海軍の艦艇や海洋調査船が日本の排他的経済水域や領海に再三、侵入しているこの時期に、である。わが外務省の切ないほどの侵入中止の要請も中国側は相手にさえしない。
 そんな現状で、こうした隣の大国に日本国民の貴重な資金を新たに与えることは、対中外交の支離滅裂を印象づけるだけだ。日本政府は「ODA外交」の標語の下に、援助は外交の手段と位置づけているのに、こと中国が相手だと援助が外交に優先する卑屈な倒錯となる。
 河野外相は「特別円借款はアジア経済危機の影響を受けた国への借款であり、対中ODAとは別」と述べたが、贈与に近いその資金を中国に供与すれば、対中ODA以外のなにものでもない。しかもこの特別円借款は経済危機の被害を受けた東南アジア諸国向けに故小渕恵三元首相が設置したODAで、アジア経済危機の被害を受けないことを内外に宣言してきた中国に与えること自体も、奇妙である。
 「外交戦略なきばらまき」の典型のようなこの対中新規援助は一体だれが、どう内定したのか。そのプロセスが国民にはまったく不明なことも、日本のODA政策の重大な欠陥を明示している。国民も国会も知らないうちに官僚の自由裁量で内定されたのならば、その中止も容易なはずである。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
60位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
155,463

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から