日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【中国について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/09/27 読売新聞朝刊
[社説]日中30年 中国は「脅威論」を打ち消せるか
 
 日中両国が国交を樹立した三十年前、中国が今日のように経済大国への道を歩むようになると、誰が予想しただろうか。
 中国は経済力のみならず軍事力や科学技術力などを着実に強化している。人口十三億の大国は、いったいどこへ向かっているのか。それは日本だけでなく国際的な関心事である。
 中国の国家目標は「富強」だ。二〇一〇年の国内総生産(GDP)を、二〇〇〇年の二倍、約二兆ドルに増やすのが当面の目標である。中国経済の伸びは今年も7%台で、このままいけば、十年間で倍増させることも不可能ではない。
 中国の持続的経済発展は地域の平和と繁栄にとって好ましく、経済が混乱し難民が流出する中国は悪夢ではある。
 だが、めざましい経済発展を遂げてきた中国は、今ひとつの曲がり角にある。国民の不満が集中している格差と腐敗の深刻化がそのことを物語っている。
 中国は内陸部の開発や社会保障制度の拡充などによって、地域と所得の格差を縮小しようとしている。しかし、格差は一朝一夕には解消されない。
 また、人民代表大会(議会)の監督権限強化や幹部の公開選抜制導入などで、腐敗問題に対処しようとしている。ただそれらは一党独裁制を前提にした改革であり、おのずから限界がある。
 共産党政権にとって経済の発展こそが支配を正当化するものであり、対外政策も経済発展に奉仕するものと位置づけられている。中国はとりわけ、最大の輸出先でもある米国と良好な関係を維持することに腐心している。
 最大の貿易パートナーである日本との関係も、米国に次いで重視されている。歴史認識や台湾問題で主張は崩さないものの、日本国民の対中感情の悪化に配慮しつつ、経済面などにおける関係の緊密化を図っている。
 しかし、膨張する中国の存在が周辺諸国に脅威感を与えていることも否定できないだろう。
 核ミサイルの増強に加え、軍事費を一九八九年以降、毎年二けたの伸びで増大させ、ロシアから戦闘機を輸入するなど軍の近代化に努めている。こうしたことが、脅威論を高めた要因だ。
 中国は、自国が地域の平和と安定に建設的な役割をはたす国際協調的な責任大国であることを力説し、脅威論の打ち消しに必死である。
 その主張が説得力を持つためには、国防力のいっそうの透明化、台湾へのより自制的な言動など、中国が自らの行動によって脅威論の払拭(ふっしょく)に努めることが不可欠である。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
61位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
155,722

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【ダム建設について】
3.私はこう考える【死刑廃止について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から