日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【公営競技・ギャンブル】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2001/11/14 毎日新聞地方版
前橋競輪、初の繰入金ゼロ 不況で売り上げ減続く──今年度 */群馬
 
 前橋市が開催する前橋競輪(開催執務委員長、関根洋道・同市収入役)の同市に対する「繰入金」が今年度、50年の開設以来、初めてゼロとなる見通しであることが13日までに分かった。毎年、収益の一部を同市一般会計に納入してきたが、売り上げが減少していることに加え、今年度は年間売り上げの約6割を占めてきたレース「寛仁親王牌(はい)」が初めて前橋で開催されなかったため。県内4つの公営競技のうち、好調な収益を背景に市財政を支えてきた前橋競輪にも、不況の波が押し寄せている。
【清水憲司】
 前橋競輪を管理運営する市競輪事務所などによると、市競輪特別会計から一般会計への繰入金は開設の50年から昨年までの半世紀の間に、計約750億円に上り、市財政を下支えしてきた。しかし、繰入金は93年度の45億円をピークに減少を続け、昨年度は8億円。今年度も当初予算で7億円を繰り入れることになっていた。
 今年度は、長引く不況やファンの高齢化などの影響で、1開催(6日間)当たりの売り上げが、昨年の約16億円から約14億円に減少。さらに昨年の総売上約430億円のうち約265億円を占めて収益の柱だった寛仁親王牌が、今年度は91年のレース創設以来初めて、青森県で開催されたことが響いた。
 同事務所は、今月末から全国に先駆け、より高額の配当を狙える「三連単」車券を導入するなど、車券をこれまでの2種から7種に増やし、新たなファン層の獲得などで経営改善を目指す。同事務所は「現在の売り上げは、利益が出るか、ぎりぎりの水準。(繰入金の復活は)基本的に厳しい状況だが、新車券の動向に期待したい」と話している。
 一方、県内四つの公営競技は、不況に加え、サッカーくじなどギャンブルの多様化もあって、いずれも苦戦を強いられている。高崎競馬は94年の計2000万円を最後に、県と高崎市への繰り入れを行っていないほか、伊勢崎オートも昨年度、繰入金ゼロに転落。桐生競艇は今年度当初、桐生市一般会計に15億円を繰り入れる方針だったが、同市競艇事業課は「売り上げ減で、下方修正せざるを得ない状況。何とか当初予算の半額程度を繰り入れられればいいが」と苦慮している。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
56位
(29,202成果物中)

成果物アクセス数
163,331

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月14日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から