日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【公営競技・ギャンブル】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2001/10/02 毎日新聞夕刊
[牧太郎のここだけの話]「豊かさ」の分配
 
 アメリカは豊かな国だ。
 たらふく食っているだけではない。広い家屋敷に住んでいるだけでもない。もっともっと「奥深い豊かさ」を持っている。
 例えば、アメリカでは聾者(ろうしゃ)が障害を乗り越えて、大学教授になり、弁護士になり、医師になっている。
 ギャローデット大とアメリカ国立聾工科大という二つの聴覚障害者向け高等教育機関がある。ギャローデット大の設立は1860年代の南北戦争の最中にまでさかのぼるから、この国では「奴隷解放の戦い」を進めながら、ASL(アメリカ手話)を使って高等教育を始めていたことになる。そんな国柄だから「聾者の弁護士」はごくごく普通なのだ。
 1995年、この大学は「キャンパス内では音声言語や英語対応手話を使わず、ASLだけで意思を通じ合う」と決めた。(ASLと英語対応手話とはまるで違う)
 独自の「聾文化」の環境づくり。手話に、聾者に誇りを持つ人々がいる。「豊かさ」の証明ではないか。
 筑波技術短期大はアメリカ国立聾工科大をモデルに87年10月、世界で3番目の聴覚障害者向けの大学として誕生した。「豊かさ」で日本はアメリカに続いた。続いてタイ、ロシア、中国にも大学が生まれた。
 2001年1月、世界の六つの大学は「聴覚障害者のための国際大学連合」を作った。国を超えた手話教育の連携がぜひとも必要なのだ。
 これには金がかかる。
 ここだけの話だが、彼らを応援したのが日本のギャンブラーだった。
競艇の「寺銭」をファンに代わって運用する日本財団は、以前からアメリカの2大学の留学生支援に200万ドルの基金を提供していた。今回も競艇の胴元?は金を出した。
 10月1日午前8時半、国際連合の初仕事、筑波技術短期大とアメリカ国立聾工科大の間にテレビ会議システムがオープン。日米の学生が手話で作った俳句を披露した。字数に制限がないが、短い短い自己表現。これは聾文化の「21世紀の夜明け」?
 豊かな、でも武器を持たない、この国には「戦いの分配」より「豊かさの分配」が性に合っている。
【編集委員】
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
55位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
162,398

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から