日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 自然科学 > 地球科学.地学.地質学 > 成果物情報

「沖ノ鳥島の有効利用を目的とした視察団」報告書

 事業名 海洋・船舶の実情調査及び研究等
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


図3 サンゴ育成礁
※干潮時には天端面は露出する
 
 
図4 局所的に砂を集めて洲島をつくる
 
・ サンゴ礁域の砂浜はサンゴの破片や魚類のブダイがサンゴをかじった破片によってサンゴ砂が供給される。礁嶺の低いところや狭いところは人工リーフで補強し、静穏域を造成する。静穏域ではサンゴの増殖礁や電着構造物でサンゴを増やして砂をつくる。また人工リーフを設置して周囲に砂を集める。砂は礁嶺より外に出にくくなり、堆積作用は加速し、やがて陸地化が進む。
・ 砂を効率的に集めるため、地形をわずかに改変し、回折波や屈折波を利用して洲島を形成する。
 







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
139位
(32,567成果物中)

成果物アクセス数
94,295

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年9月19日

関連する他の成果物

1.「沖ノ鳥島における経済活動を促進させる調査団」報告書−概要版−
2.「沖ノ鳥島における経済活動を促進させる調査団」報告書−詳細版−
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から