日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 総記 > 逐次刊行物.年鑑 > 成果物情報

全施協50周年記念誌

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


全施協創立50周年記念インタビュー
全国モーターボート競走会連合会名誉会長
日本財団 笹川 陽平理事長に聞く
今こそ新しい発展のチャンス
 
インタビューアー:中地 洌(全国モーターボート競走施行者協議会理事長)
平成16年9月1日 於:日本財団7階会議室
 
「“いつでも どこでも おもしろい”競艇」の提唱へ
 
 中地 笹川理事長は昭和56年に連合会の副会長に就任されたわけですが、その頃は、上昇を続けていた売上が55年度をピークに初めて減少に転じました。そこで、57年3月にファン拡大推進委員会を設置し、「“いつでも どこでも おもしろい”競艇」ということを提唱され、いろいろな施策を実行されていくわけですね。当時の厳しい状況下にあって、どのように取り組もうと思われたのでしょうか。
 笹川 私は正直言って驚いたのです。何に驚いたかというと、平日の昼日中に多くの人たちが賭け事をする場所に来て遊んでいるということにです。それで私は、今競艇場に来ている人は本来のお客様なのだろうか、本来のお客様が来られるようにするにはどうしたらいいのか、そのための施設というのはどうあるべきかという問いかけをしました。その疑問は今も全く同じです。ところが、「競艇というのはこういうものなのだ、朝の10時半か11時に始めて3時半か4時に終わるものなのだ、選手はこうあるべきなのだ、連合会というのはこういうことをすべきなのだ」というふうに皆さん思い込まれていて、私は非常に奇異な感じを受けました。それを皆さんにお話しして、ご協力をいただくにはちょっと時間がかかりましたね。競艇をつぶすのかというおしかりも随分受けました。
 
笹川理事長
 
 中地 そのお考えが早朝前売発売だとか、ナイターレースの実施へと進んでいくのですね。
 笹川 だって、お客様のいるところに店を開かないで、お客様の集まらないところで店を開いて、「お客が来ない、お客が来ない」と言って嘆いていたわけですよ。そして、「うちの店は何時から何時だ、欲しいやつは来い」というような商売をやっていた。
 だから、お客様のいる場所に店をつくっていかなければいけないし、お客様が買いたいというときに店を開かなければいけない。そこで、開催時間をずらすとか、回数を増やすとか、さまざまなことが皆さんのご協力でできたのではないでしょうか。
 中地 早朝前売発売というのは57年に実現するわけですが、仕事に出る前に買えるという策をまず打ち出すわけですね。当時の業界は、入場料を払った方だけに発売をするという意識でした。それが早朝に、外向きに、入場料は払わなくても舟券を買っていただけるという、そういう施策を推進されました。
 笹川 とにかく場外発売をやらなければだめだ、と私はそういう意識でした。ところが、当時の関係者は、「競艇の開催日数が競輪より多いのは、場外をやらないということになっているからで、だからできません」と。確かに54年ぐらいまでは、開催日数の多さというのが他の競技に比べて有利に機能したことは間違いありませんが、その後は時代が変わってきたわけですから、やはり売り場を増やしていかなければいけない。そういう方向に持っていくための一つのステップとして、早朝発売というような取り組みやすいところから始めたということです。思いつきではないのですよ、きちっとした戦略を立てて、スタートを切ったということです。
 中地 なるほど。そうすると、58年に薄暮レースが実施され、その後、サマータイムレースと呼ばれるようになるわけですけれども、これの実行もやはりその戦略の延長線上にある・・・。
 
中地理事長
 
 笹川 目標はナイターの実施ですね。59年4月には、浜名湖で公営競技界初のナイターレースの実験を行っています。
 中地 60年9月に競走法施行規則が改正され、場外発売場の設置が認められました。61年3月には平和島の鳳凰賞で初の場間場外発売が桐生・蒲郡・住之江・福岡で実施され、8月には業界初の場外発売場「ボートピアまるがめ」がオープンします。それまでには当時の運輸省と相当の議論があったと思うのですが・・・。
 笹川 私は行政というのは民のためにあると頭から思っています。ところが、業界の人はみんな法律に従って仕事をする、規則に従って仕事をする、規則にこう書いてあるからできない、と。それは確かにそうだけれども、それが時代にそぐわないのならば規則そのものを変えるというところまではなかなか行けなかったのですね。でも、当時、本当に施行者の皆さんも燃えに燃えてくれて、場外発売実現のための決起大会を三田でやったのですよ。そういう皆さんの支援、情熱がやはり役所を動かしたわけです。
 中地 それが電話投票やインターネット投票につながっていくわけですね。
 ところで、その後、61年には賞金王決定戦、「競艇グランプリ」と称していたのですが、これが新設されます。優勝賞金も何と3000万円。当時、競輪グランプリは1000万ですから、まあ、破格の賞金だったと思うのです。その後、平成9年には1億円になるのですけれども、61年当時に賞金王決定戦競走というものを新設したときのお考えは・・・。
 笹川 1億円取ってくれる選手が出れば、それだけで大変な宣伝効果が出ますからね。だって当時、プロ野球にだって1億円プレイヤーはいなかったのですから。ところが、年間獲得賞金の上位クラスの選手は、7000万円ぐらいでウロウロしていた。だから、1億円プレイヤーをつくるのにはどうしても3000万円乗せる必要があったのです。そしてその年、現に1億円レーサーが誕生します。その後、優勝賞金が8000万円までなったときに、競艇の話題性とステータスを高めていくため、やはりここはもう1億円にしようではないかということで、施行者と日本財団が増額して、優勝賞金を1億にしたわけです。
 3000万円のレースができるまでは、GI競走等でA級選手が急に欠場して穴をあけてしまっていた。ところが、獲得賞金の上位12番目までが賞金王決定戦に乗れるということになってからは、もう休んではいられないということで、A級選手のレースの欠場率が激減するわけです。
 中地 それはいいお話です。そういう効果もあったのですね。
 笹川 だから、政策というのは無理に出ろとかこうしろとかではなくて、本人たちがやらなければ損だという、そういう方法を講じないといけないのです。
 プロペラの自由化(プロペラの選手持ち制度の導入)のときも本当に大騒動でした。私は、昭和62年から63年にかけての一部選手による悪質な整備違反事件の折、A級選手に何人もやめてもらった。そうしたら、「あの若造は競艇をつぶす気か」と言って、業界で大問題になりました。でも、公正な競走を提供することによってお客様の期待に応えるのが私たちの役目であって、いかに名選手であってもルールに違反する人は業界にいてもらっては困るというのが私の考え方でした。
 中地 私はファンの一人でしたが、本当に驚きました。競艇業界というところは公正の確保のためには思い切ったことをするという印象を持ちました。
 笹川 整備違反をなくすにはどうしたらよいか、悩みに悩んで、結局、選手が自由にできるのはプロペラしかないのですから、これを自由化しようと言ったら、まず施設所有者から「わけのわからないプロペラをつくられて、エンジン本体が傷ついたら弁償してくれるのか」という反発がありました。また、選手間の評判も悪く、プロペラの自由化には、本当に大変な努力が必要でした。けれども、よく選手も言うことを聞いてくれて、それから整備違反というのは激減するのです。今また選手持ちプロペラをやめにして、割り当てのものにしようなどという動きも出ているようですが、結局、プロペラの自由化と飯田加一選手の考え出したモンキーターンが新しいレースを生み出したわけですからね。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
78位
(28,998成果物中)

成果物アクセス数
140,984

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年8月19日

関連する他の成果物

1.ブログ道場 -ブログは社会を動かす情報発信ツール(対談:川北秀人・久米信行)-
2.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
3.ブログ道場 -ブログ講座(入門編)-
4.ブログ道場 -ブログを活用したこれからの情報発信-(上岡 裕氏)
5.ブログ道場 -『Canpan』の紹介-(第3回)
6.ブログ道場 -ブログ講座(入門編 其の二)-
7.テレビCM・福祉車両/介護編
8.こども未来会議しながわ 1
9.こども未来会議しながわ 2
10.第6回 ブログ道場  -シニア団塊の世代向けブログ講座-
11.第6回 ブログ道場  -「公益ブログの今がわかる」事例紹介-
12.第11回 ブログ道場 ご講演 脇坂先生「団体の信用度を上げる会計手法とは?」
13.第11回 ブログ道場  「CANPANのこれから」 講演 日本財団/町井則雄
14.競艇沿革史
15.第1回 企業・NPO協働推進セミナー −CSRの考え方とその手法を学ぶ−
16.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!−NPOの信用創造機能とは? Part1
17.CANPAN道場12 みんみんファンドの秘密がいま明かされる!−NPOの信用創造機能とは? Part2
18.CANPAN道場13 ご講演 吉田先生「メルマガを使ったマーケティング力UPとは?」
19.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 CANPAN挨拶及びそらべあトークセッション
20.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 石原可奈子演奏及びトーク
21.第10回ブログ道場・そらべあ音楽会 田中正敏&プチパヴィヨン演奏、田中正敏トーク及び石原可奈子&プチパヴィヨン演奏
22.NPO・企業パートナーシップセミナー/基調講演「元気な地域づくりと信頼される企業」
23.NPO・企業パートナーシップセミナー/パネルディスカッション「元気な地域づくりと信頼される企業」
24.NPO・企業パートナーシップセミナー/CANPAN CSRプラス紹介「元気な地域づくりと信頼される企業」
25.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞式
26.第2回 ブログ祭り CANPANブログ大賞授賞者パネルディスカッション
27.第2回 ブログ祭り 基調講演-笹川陽平-
28.第5回 ブログ道場 -『Canpan』の紹介-
29.第5回 ブログ道場 -ブログ事例発表-
30.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第1部] ご挨拶/笹川陽平(日本財団 会長)
31.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第3部] CANPAN CSRプラスの概要・機能説明/町井則雄
32.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第4部] パネルディスカッション「CANPANでCSRはこう変わる」
33.第1回CANPAN CSRプラス説明会 [第2部] 基調講演「今、CSRにプラスすべきこと」川北秀人
34.ブログ道場特別版 -ブログ祭り-(第4回)
35.競艇と日本財団 ―公営競技は社会悪か―
36.CANPAN道場15 林雄二郎先生のご講演
37.CANPAN道場15 CANPANについてのご案内
38.第16回CANPAN道場 「教育と海を考える」鹿児島県南大隈町立大泊小学校
39.第16回CANPAN道場 さおりとまいの東京旅行記(2007年8月11日 )
40.CANPAN第2回ブログ大賞
41.CANPAN第1回CSRプラス大賞
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から