日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【死刑廃止について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1987/03/19 読売新聞朝刊
[社説]「永山判決」で死刑を考える
 
 死刑、無期懲役、差し戻し、そして再び死刑――。いくら三審制とはいえ、ひとりの刑事被告人にとって、あまりにも過酷な裁判経過ではないだろうか。
 さる四十三年秋の「連続射殺事件」の永山則夫被告に対して、東京高裁は十八日、四回目の裁判で再び「死刑」を言い渡した。いまから五年半前、同じ高裁が一審の死刑判決を破棄して無期懲役刑に減刑したが、今度の高裁は「死刑は重過ぎるとはいえない」と別の判断を下した。
 この裁判を通して、死刑制度の存廃論議とともに、死刑に対して裁判官一人ひとりが様々な考え方を持っていることが浮き彫りにされた。
 事件は、当時十九歳の少年だった永山被告がわずか一か月足らずの間に、警備員やタクシー運転手の計四人を次々とピストルで射殺したものである。犯行地も東京、京都、函館、名古屋と移り変わり、被害者を至近距離から狙撃するという手段で、多くの市民に衝撃を与えた。
 犯行の動機、殺害の手段、被害者の数、遺族の感情、社会に及ぼした影響などを考えると、「死刑」という結論には、まことにやむをえない理由があると考える。
 しかし死刑と無期の間を往復した裁判経緯には、「これでよかったのか」とも思う。
 元の二審判決は「死刑の言い渡しは、どんな裁判所でも死刑を選択したであろうと判断される場合に限られるべきだ」と、死刑に対して極めて限定的な適用基準を示し、無期懲役に減刑した。これに対して最高裁は「量刑事情の認定と評価を誤った」と判断し、死刑相当の方向に差し戻した。
 二審判決には、事件の重大さからみて釈然としない向きも多かった。「運用上の死刑廃止論だ」という意見もあった。死刑制度をめぐる世論の動向を意識し、あえて問題提起に踏み切ったという見方もできる。
 わが国における死刑制度の廃止論は、まだ国民の大方の同意をとりつけていないと思う。各種の世論調査によると、国民の六、七割の人がまだ死刑の存置に賛成している。死刑の持つ犯罪の抑止効果と国民の正常な応報感情によるものであろう。身代金目的の誘拐や保険金目的の殺人など“現代の狂気”からも目をそらすわけにはいかない。
 しかし一方で、死刑言い渡し件数は、四十年代半ばからはほぼ一ケタ台に減少している。この傾向は、凶悪事件が減ったというよりも、裁判実務上も死刑の適用基準がより厳しくなったということではないか。また世界の先進国の多くが死刑の廃止に踏み切っているという流れも無視できない。
 さらに改正刑法草案においても、いまの刑法で死刑が定められている罪の数を大幅に減らした。そしてわざわざ「死刑の適用は特に慎重でなければならない」と、明文の規定まで設けている。
 以上のように死刑の適用に対する慎重な姿勢は、裁判実務のうえでも定着していると考える。
 刑事裁判の信頼をより高めるために、死刑が果たす機能を十分意識しつつも、適用にあたっては極めて慎重な姿勢を望む。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
69位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
146,593

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
5.私はこう考える【天皇制について】
6.私はこう考える【国連について】
7.私はこう考える【自衛隊について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から