日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 国防.軍事 > 成果物情報

平成15年休業災害(重大災害含む)調査報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


(13)経験年数別
 
区分 〜0.4 0.5〜0.9 1〜2 3〜4 5〜9 10〜14 15〜19 20〜24 25〜29 30〜以上 合計
従業員 2   2 4 4 4 2 1 1 5 25
協力従業員 8 2 8 5 11 13 4 5 7 12 75
10 2 10 9 15 17 6 6 8 17 100
 
発生件数
 
 中小造工では従業員・協力従業員とも、中途採用をとるケースも多く、ベテランといえども経験年数が豊富ではない場合もあるが、「10〜14」「30〜以上」の経験年数者に多い。
 
(13)経験年数別(平成9年〜15年累計)
 
区分 〜0.4 0.5〜0.9 1〜2 3〜4 5〜9 10〜14 15〜19 20〜24 25〜29 30〜以上 合計
従業員 5 5 18 14 39 24 13 11 27 37 193
協力従業員 29 18 76 41 89 80 50 73 54 115 625
34 23 94 55 128 104 63 84 81 152 818
 
発生件数
 
 「30〜以上」の経験年数者が最も多く、作業に対する慣れ、身体的な能力の低下からくる災害も多く考えられることから、ベテラン作業者には安全教育を計画的に実施し、基本である安全意識の高揚を常に図る必要がある。
 また、「5〜9」の経験者が2番目に多いが、ある程度経験を積む過程であり、特に協力従業員については、ベテラン作業者も含め、入構時における安全教育の徹底等本人の経験・技量に応じた指導を行う必要がある。なお、協力従業員の高齢者層に災害が多いことから、定年制も考慮する必要がある。
 
 
区分 〜0.4 0.5〜0.9 1〜2 3〜4 5〜9 10〜14 15〜19 20〜24 25〜29 30〜以上 合計
従業員 1   1 2 5 5 1 3   4 22
協力従業員 11 5 14 8 7 12 2   1 3 63
12 5 15 10 12 17 3 3 1 7 85
 
発生件数
 
 協力従業員で特に年数が短い勤続者に災害が多い。
 
(14)勤読年数別(平成9年〜15年累計)
 
区分 〜0.4 0.5〜0.9 1〜2 3〜4 5〜9 10〜14 15〜19 20〜24 25〜29 30〜以上 合計
従業員 5 4 17 14 33 29 10 11 24 31 178
協力従業員 71 42 105 55 100 69 36 33 28 33 572
76 46 122 69 133 98 46 44 52 64 750
 
発生件数
 
 従業員は「5〜9」「30〜以上」の勤続者に多い。
 協力従業員では比較的年数が短い勤続者に多い。入構時及び日々においての安全衛生教育の徹底が必要である。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,294位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
997

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.平成16年度 海上防災訓練の充実強化事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から