日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 国防.軍事 > 成果物情報

平成15年休業災害(重大災害含む)調査報告書

 事業名 基盤整備
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


(5)時間帯別
 
区分 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 深夜 合計
従業員     1 3 4 5   4 2 3 5                   27
協力従業員     7 12 14 13   8 9 7 12 3       1         86
    8 15 18 18   12 11 10 17 3       1         113
 
発生件数
 
 午前は10時・11時台、午後は16時台が多く、17時までの時間帯において、午前・午後別に見ると午前は59件、午後は53件とやや午前の件数が上回っている。
 なお、災害発生率の高い時間帯を特に重視した、安全パトロールを行うことも必要かと思われる。
 
(5)時間帯別(平成9年〜15年累計)
 
区分 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 深夜 合計
従業員     16 22 28 23 1 24 28 29 29 6 3 1   1         211
協力従業員 4 3 59 98 85 84 2 56 99 88 84 27 6 1 2 2 1       701
4 3 75 120 113 107 3 80 127 117 113 33 9 2 2 3 1       912
 
発生件数
 
 7年間の累計では、14時・9時・15時台の順に災害が多い。発生件数の高い時間帯を特に重視した安全パトロールを行うことも必要かと思われる。また、残業の時間帯(17時・18時)の災害も多少なりとも発生していることから、重大災害へ繋がらないともいえず、軽視することなく、定時以降の災害防止活動も強化する必要がある。
 
 
区分 内業工場 塗装工場 艤装工場 修繕工場 総組立場



岸壁
外板 居住区内 機関室 上甲板 上部構造甲板 船倉 船内タンク その他船内 材料置き場 工具庫
・倉庫
道路 事務所 その他 合計
従業員 7       1 9 1   1 3 1 2             2 27
協力従業員 21   2   3 19 1   4 10   8 7   7   2   2 86
28   2   4 28 2   5 13 1 10 7   7   2   4 113
 
発生件数
 
 災害発生件数は内業工場に最も多く、一定の流れの中での作業に対する、慣れ、安全確認の省略、といった、ちょっとした不注意による災害も多く、毎日のKYT指導の徹底が必要かと考えられる。
 
(6)発生場所別(平成9年〜15年累計)
 
区分 内業工場 塗装工場 艤装工場 修繕工場 総組立場



岸壁
外板 居住区内 機関室 上甲板 上部構造甲板 船倉 船内タンク その他船内 材料置き場 工具庫

倉庫
道路 事務所 その他 合計
従業員 66   1 1 11 58 1 1 16 23 2 7   8 3 1 2   8 209
協力従業員 184 1 10 4 63 151 5 2 52 80 1 47 25 34 18 3 9   15 704
250 1 11 5 74 209 6 3 68 103 3 54 25 42 21 4 11   23 913
 
発生件数
 
 発生件数は内業工場に多く、特に動力揚重機を使用する際の作業で、挟まれ・巻き込まれ、飛来・落下、激突される等による災害が多く、これに対する重点的な安全衛生管理体制を行う必要がある。
 内業工場に次いで、件数が多いのは、ドック・岸壁で、作業者の不安全行動等から起因するものが多い。どんな作業でも安全を最優先する心構えを持つように、毎日のKYT指導の徹底が必要かと考えられる。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
4,294位
(31,521成果物中)

成果物アクセス数
997

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月19日

関連する他の成果物

1.平成16年度 海上防災訓練の充実強化事業報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から