日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 教育 > 成果物情報

B&G「体験クルーズ」テキスト

 事業名 海洋体験学習の実施
 団体名 ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 注目度注目度5


船のはたらき
 
船のはたらき
 
 国内の資源が乏しい(とぼしい)日本は、食料や原材料、石油や石炭などのエネルギーまで、そのほとんどを海外からの輸入に頼って(たよって)います。これらの資源や物資を安く大量に運ぶことができるので、様々な船が貿易(ぼうえき)に利用されており、まわりを海に囲まれた日本にとって欠かせない乗り物です。では、船にはどのような種類があるのでしょうか。
 
○貨物(かもつ)船・・・
タンカー、コンテナ船、穀物運搬(こくもつうんぱん)船、木材運搬(もくざいうんぱん)船、自動車専用船、冷凍貨物(れいとうかもつ)船など 物資の輸送(ゆそう)に利用する船。
○旅客(りょかく)船・・・
クルーズ客船、フェリー、遊覧(ゆうらん)船など おもに人を乗せる船。
○特殊(とくしゅ)船・・・
巡視(じゅんし)船、海洋調査船、見本市(みほんいち)船、気象観測(きしょうかんそく)船、自衛艦(じえいかん)、救助船
○漁(ぎょ)船・・・
遊魚(ゆうぎょ)船、網船(あみぶね)、鮮魚運搬(せんぎょうんぱん)船、魚群探索(ぎょぐんたんさく)船など。
 
 
船のはじまり 
 
 地球では、海の広さは陸地の約2.5倍もあります。そして、海より狭い(せまい)陸地にも、数え切れないほどの河川(かせん)や湖があります。みなさんの住むこの地球が、「陸の世界」というよりも「海の世界」といわれる理由がわかりますね。
 ところで、およそ46億年前に誕生した地球に、人類が現れたのは今から500万年ほど昔といわれています。その頃の人々は、海や川、湖のそばに住んで魚などをとって暮らしていました。「ふね」の歴史もこのときからはじまります。川や湖を渡ったり、物を運んだりするには、水の上を自由に移動できる乗り物が必要でした。
 最初の「ふね」は、川を流れる木片(もくへん)が水に浮かぶのを見て思いつき、やがてさまざまな工夫や改良が加えられて、丸太をくりぬいた丸木舟や、丸太を組み合わせたいかだが登場したと考えられています。
 
 
水上輸送(ゆそう)の利用
 
 昔、鉄道や自動車など陸上の交通機関や、飛行機などの空路(くうろ)が発達していなかったころ、物資の運搬には船が利用されていました。
 今でも、一度に大量のものを運ぶときや、車やトラックが水を渡るときには、コンテナ船やタンカー、フェリーなどが活躍(かつやく)しています。船は、二酸化炭素(にさんかたんそ)の排出(はいしゅつ)量が少ないので環境にやさしく、また、輸送費が安かったり、交通渋滞(じゅうたい)がないことから、近年ふたたび注目を集めています。
 特に、古くから河川や運河(うんが)の利用が、国や都市の繁栄(はんえい)に大きく影響(えいきょう)してきたヨーロッパでは、今でも、船による輸送や水上交通が多く利用され、環境保護(かんきょうほご)の視点(してん)からも、その必要性が高く認識(にんしき)されています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,460位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
6,301

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.B&G「体験クルーズ」チラシ
2.B&G「体験クルーズ」しおり
3.平成15年度 体験作文集
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から




平成14年度海洋体験学習  B&G体験クルーズ