日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

国際海事情報シリーズ76 タイ国におけるフェリー網整備に関する調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


5. 事業の内容
5-1 事業の役割
 本事業の役割は下記のとおり。
 
■日本からの技術及び資金援助により、近代的なRO-RO船をタイの内航海運に導入し、モーダルシフトを達成する。
■RO-RO船の導入により、最終的に本事業計画に記載の、激しい道路渋滞による公害を低減する、渋滞による貴重な燃料資源と機会費用を節約する等の事業の短期及び長期目標を達成する。
■運航組織に関係するであろう要員に適切な訓練プログラムを実施することにより、RO-RO船の運航及び管理が可能な組織を設立する。
 
5-2 事業の内容
 本事業の内容は下記1)〜3)のとおり。
 
1)下記の航路に配船される総計14隻の各種RO-RO船の調達:
航路 RO-RO船の隻数 RO-RO船のサイズ
バンサファン〜バンコク 3 2,000DWT
スラータニー〜バンコク 4 2,000DWT
ソンクラー〜バンコク 4 4,000DWT
バンサファン〜東部海岸地域 1 1,000DWT
スラータニー〜東部海岸地域 1 1,000DWT
ソンクラー〜東部海岸地域 1 1,000DWT
TOTAL 14  
 
2)RO-RO船の運航及び維持管理に係わる要員の訓練
3)事業実施に必要なコンサルティングサービス
 
 最も重要なRO-RO船の役割はタイ国における動脈をなす道路輸送貨物を部分的に担うことであり、更なる工業化を進めるために、最も安価で効率的な手段を用いて首都圏/工業地域と地方を結ぶことである。
 更に、RO-RO船は他の機関(タイ港湾局、運輸省等)と協力してタイ国での先駆的事業者となる使命を持っている。
 RO-RO船の仕様は下記、一般配置図については付録のとおりである。
 
● 1,000DWT型RO-RO船
1. 一般仕様
船種:RO-ROパッセンジャーフェリー
船型:2層甲板
航行区域:沿岸航行
 
2. 主要寸法
全長(全長):約93.25m
全長(垂線間長):85.00m
船幅(型幅):16.00m
深さ(型深さ):11.00m(居住区甲板)
        6.00m(上甲板)
計画喫水:4.50m
 
3. 載貨重量及び積載能力
載貨重量:約1,000トン
総トン数:約3,200トン
積載能力:トレーラー(幅=2,490×長さ=12,000×高さ=3,800):17
     コンテナ(20フィート、幅=2,440×長さ=6,060×高=2,590):36
     *甲板積載能力はトラックまたはコンテナのみ。
乗客数:150人
 
4. 船級規則及び乗員数
船級規則:NKまたは同等
乗客数:合計20名(職員−8名、部員−12名)
 
5. 主機間及び船速
主機間:4サイクル、ディーゼルエンジン×2基
定格出力(M.C.R.):約735kW(約1,000PS)
(C.S.R):約625kW(約850PS)
推進器:固定ピッチ
航海速度:約12ノット(設計喫水、連続常用出力、15%シーマージン時)
発電機:2基
 
6. ランプドア
型式(船主及び船尾):フラップ付きヒンジ式×2セット
             設計荷重30トン
 
● 2,000DWT型RO-RO船
1. 一般仕様
船種:RO-ROパッセンジャーフェリー
船型:2層甲板
航行区域:沿岸航行
 
2. 主要寸法
全長(全長):約99.80m
全長(垂線間長):2.50m
船幅(型幅):8.00m
深さ(型深さ):11.40m(居住区甲板)
        6.40m(上甲板)
計画喫水:4.40m
 
3. 載貨重量及び積載能力
載貨重量:約2,000トン
総トン数:約5,200トン
積載能力:トレーラー(幅=2,490×長さ=12,000×高さ=3,800):20
     乗用車(幅=1,700×長さ=4,700):90
乗客数:150人
 
4. 船級規則及び乗員数
船級規則:NKまたは同等
乗客数:合計20名(職員−8名、部員−12名)
 
5. Main engine & Speed
主機間:4サイクル、ディーゼルエンジン×1基
定格出力(M.C.R.):約2,427kW(約3,300PS)
(C.S.R):約2,063kW(約2,800PS)
推進器:固定ピッチ×1基
航海速度:約14ノット(設計喫水、連続常用出力、15%シーマージン時)
発電機:2基
 
6. ランプドア
型式(船主及び船尾):フラップ付きヒンジ式×2セット
             設計荷重30トン
 
● 4,000DWT型RO-RO船
1. 一般仕様
船種:RO-ROパッセンジャーフェリー
船型:2層甲板
航行区域:沿岸航行
 
2. 主要寸法
全長(全長):約133.40m
全長(垂線間長):125.00m
船幅(型幅):21.00m
深さ(型深さ):12.03m
計画喫水:5.80m
 
3. 載貨重量及び積載能力
載貨重量:約4,000トン
総トン数:約11,000トン
積載能力:トレーラー(幅=2,490×長さ=12,000×高さ=3,800):70
乗客数:100人
 
4. 船級規則及び乗員数
船級規則:NKまたは同等
乗客数:合計25
 
5. Main engine & Speed
主機間:4サイクル、ディーゼルエンジン×1基
定格出力(M.C.R.):約4,045kW(約5,500PS)
(C.S.R):約3,425kW(約4,670PS)
推進器:固定ピッチ×1基
航海速度:約16ノット(設計喫水、連続常用出力、15%シーマージン時)
発電機:2基
 
6. ランプドア
型式(船主及び船尾):フラップ付きヒンジ式×2セット
              設計荷重30トン
 
5-3 事業予定地
 事業予定地は運航予定航路上の積地及び仕向地である、バンコク、バンサファン、レムチャバン、マプタプット、スラータニー、及びソンクラーである。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
631位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
15,528

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2003
2.中国造船業の概要<2002年>
3.中国造船業の概要<揚子江流域>
4.2003年度 欧州造船政策動向調査
5.中国主要海運企業の概要と事業展開に関する調査
6.中国主要造船企業の概要と事業展開に関する調査
7.国際海事情報シリーズ77 米国における次世代水上交通システム構築に関する調査
8.国際海事情報シリーズ78 米国における舶用ベンチャーの事業化支援制度に関する調査
9.国際海事情報シリーズ79 欧州における航海機器のシステム化の現状と動向に関する調査
10.国際海事情報シリーズ80 天然ガスの新たな輸送方式に関する調査
11.国際海事情報シリーズ81 欧州の国家造船業を支援するEUの諸政策
12.国際海事情報シリーズ82 欧州舶用関連企業による対中国戦略に関する実態調査
13.国際海事情報シリーズ83 太平洋諸国(オセアニア諸国)における新規造船需要と経済協力に関する調査
14.国際海事情報シリーズ84 欧州造船業を巡る知的財産権とその保護-英国を中心として-
15.国際海事情報シリーズ85 最近の米国の海洋政策策定の動向
16.国際海事情報シリーズ86 東南アジアにおける内航船の安全・環境規制に関する調査
17.国際海事情報シリーズ87 アフリカ諸国造船需要動向調査
18.国際会議「地球未来への企画“海を護る”」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から