日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

中国主要造船企業の概要と事業展開に関する調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


15. 靖江蘇美達船舶工程有限公司
(Jingjiang SUMEC Shipyard)
所在地:江蘇省靖江市十港口
Address: Shixu port Jingjiang, Jiangsu, China
郵便番号:214521
Tel: 0523-463-0186
Fax: 0523-463-0661
E-mail:
 
資本形態:小型株式企業
創立:1973年
業務内容:新造船、船舶の修繕、鉄鋼構造物、金属構造物の防腐等。
会社概要:長江下流の江蘇省靖江市にある地元造船所の合弁企業。
法人代表:
董事長:
総経理:
従業員数:612人
敷地面積:20万m2
 
施設概要
スリップウエイ数: 2
スリップウエイサイズ(最大船型、クレーン能力):
195m×36m(2万DWT、150t×1)
190m×52m(3万DWT、30t×3、50t×2)
艤装岸壁(クレーン能力): 400m、30t×1
 
実績(船舶部門)
  2000年 2001年 2002年
受注(万DWT/隻) 2.3/3 4/5 16.4/14(1-6月)
竣工(万DWT/隻) 11/27 3.7/5 4.2/7
手持(万DWT/隻) 3.7/5 4.8/5 2.6/4
生産額(億元) 1 1.2 1.5(1-6月)
輸出額(万USドル) 987 1,156 6,425
 
財務(2001年)
登録資本金:0.25億元(約3.8億円)
売上高:1億元(約15.3億円)
当期純利益:132万元(約2,024万円)
固定資産:0.47億元(約7.2億円)
売上総利益:275万元(約4,216万円)
 
15.1 企業概況
15.1.1 沿革
1973年10月 靖江市工商局での登録により創立。
1994年 靖江市から“契約重視信用模範企業”の評価。
1995年 中国船級協会(CCS)からISO9002の認証を取得。
2001年 企業改革により資本形態を株式会社に変更。
2001年 1,500t吊のクレーン船を建造。中国国内で設計・建造された最大吊のクレーン船(全長94m×型幅36m×型深さ6.8m; 起重高さ95m)
 
15.1.2 経営者及びその経歴
 
表15-1: 董事長の経歴
名前
役職 董事長
性別
生年月日 1957年
学歴 大卒
職歴 期間 勤務先 役職
  1991年〜2001年 江蘇蘇美達船舶工程有限公司 副総経理
  2001年〜現在 靖江蘇美達船舶工程有限公司 董事長兼総経理
 
表15-2: その他主要責任者の名前及び役職
名前 役職
朱暁 副総経理
沙鵬成 副総経理
出所:上海科学技術情報研究所市場調査研究部
 
15.1.3 従業員構成
 
図15-1: 従業員構成図(2001年12月31日現在)
出所:上海科学技術情報研究所市場調査研究部
 
 従業員総数は612人、うち大学以上の学歴をもつ従業員は215人。
 職業別では、技術者が109人で、従業員総数の17.8%。
 管理職の従業員は72人で、従業員総数の11.8%。
 
15.2 会社組織
15.2.1 会社組織
 
図15-2: 会社組織図
出所:上海科学技術情報研究所市場調査研究部
 
15.2.2 関連企業
 
表15-3: 主要関連企業の名称及び会社概要
関係 関連企業 会社概要
出資会社 靖江船務工程総公司工会委員会 1973年創立。固定資産2,238.6万元。主に民用鋼鉄製船舶を建造。
江蘇蘇美達船舶工程有限公司 江蘇蘇美達グループの会社。主に貨物船、コンテナ船、油槽船及び鉄鋼構造物の建造を行う。
江陰揚子江船廠有限公司 1956年創立。長江下流の江陰市にあり、主に新造船、船舶の修繕・解体及び大型金属構造物の建造を行う綜合造船所。1999年7月に、BVのISO9002を取得。
兄弟会社 鎮江蘇美達船舶工程有限公司 江蘇蘇美達船舶工程有限公司の子会社であり、主に新造船、船舶の修繕、鉄鋼構造物の建造等を行う。
江陰蘇美達船舶工程有限公司 江蘇蘇美達船舶工程有限公司の子会社であり、主に1,000DWT以下の客船、曳船、起重機を建造。
出所:上海科学技術情報研究所市場調査研究部
 
15.2.3 政府との関係
 地元造船所の集まった企業であり、政府との関係はほとんどない。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
217位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
46,433

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2003
2.中国造船業の概要<2002年>
3.中国造船業の概要<揚子江流域>
4.2003年度 欧州造船政策動向調査
5.中国主要海運企業の概要と事業展開に関する調査
6.国際海事情報シリーズ76 タイ国におけるフェリー網整備に関する調査
7.国際海事情報シリーズ77 米国における次世代水上交通システム構築に関する調査
8.国際海事情報シリーズ78 米国における舶用ベンチャーの事業化支援制度に関する調査
9.国際海事情報シリーズ79 欧州における航海機器のシステム化の現状と動向に関する調査
10.国際海事情報シリーズ80 天然ガスの新たな輸送方式に関する調査
11.国際海事情報シリーズ81 欧州の国家造船業を支援するEUの諸政策
12.国際海事情報シリーズ82 欧州舶用関連企業による対中国戦略に関する実態調査
13.国際海事情報シリーズ83 太平洋諸国(オセアニア諸国)における新規造船需要と経済協力に関する調査
14.国際海事情報シリーズ84 欧州造船業を巡る知的財産権とその保護-英国を中心として-
15.国際海事情報シリーズ85 最近の米国の海洋政策策定の動向
16.国際海事情報シリーズ86 東南アジアにおける内航船の安全・環境規制に関する調査
17.国際海事情報シリーズ87 アフリカ諸国造船需要動向調査
18.国際会議「地球未来への企画“海を護る”」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から