日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

中国主要造船企業の概要と事業展開に関する調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


1.2 業務
1.2.1 業務内容
 軍用・民用船舶の建造、海洋掘削プラットフォームの建造、舶用ディーゼルエンジンの設計・製造・保守、高層建築物、橋梁その他の大型鉄鋼構造物、公共施設建設、金属構造物、金属フレーム工事(一級)の建造・据付工事。
 対外経済貿易部の承認により輸出入業務及び加工貿易、機械設備、一/二/三類の圧力容器の設計・製造、工業設備の据付・修繕、自動車の修理、一級クレーン機械の据付、舶用部品の設計・製造・保守及び修繕、鋳造鋼の生産等。
 アジア、ヨーロッパ、アフリカ、オーストラリア、南アフリカ等30以上の国・地域に輸出。
 
建造実績
2,700TEU冷蔵コンテナ船 1.6万DWT多目的コンテナ船 5,340m3エチレン運搬船
2.02万m3化学薬品運搬船 4,200m3LPG船 1,104TEUコンテナ船
9,000DWT自己卸セメント運搬船 総合試験船 7万DWTばら積み船
エアクッション艇 海洋調査船 1,714TEUコンテナ船
電子捜索船 7,500DWT客船 2.7万DWTばら積み船
6.8万DWT油槽船 8,200DWTコンテナ船 科学調査船
7.45万DWTばら積み船 2.2万DWT RO/RO船 砕氷型目的曳船
作業船 ミサイル艦 6.3万DWT油槽船
税関艇 3,500DWT客船 ミサイル艇
2,000m3浚渫船 9,000DWT多目的貨物船 5.2万DWT石油貯蓄船
5,000DWTプロダクトタンカー 7.1万DWTオイルタンカー 4,100TEUコンテナ船
2.975万DWT石炭運搬船 5,618TEUコンテナ船 レジャー船
 
1.2.2 設備
 
表1-4: スリップウエイ
長さ(m) 幅(m) 万DWT クレーン 備 考
250 40 10 150t×2、100t×1  
223 30 7  
180 30 3 120t×2、80t×2  
145 22 1  
 
表1-5: ドック
長さ(m) 幅(m) 深さ(m) 万DWT クレーン 備 考
360 96 12.2 15 600t×2、40t×4 ドライドック
284 90 12 12 600t×2 浮きドック
 
表1-6: 艤装岸壁
長さ(m) クレーン
300 50t×1、20t×1
150 40t×1、20t×1
 
表1-7: その他設備
設備名称 数量 備考
門型クレーン 2 600t
クレーン 8 100t以上
プラズマ切断機 9  
液圧式・エレベータ・プラットフォーム   400t
大型デジタル制御門型フライス盤等のデジタル制御旋盤    
デジタル制御縦型旋盤 1  
水中プラズマ切断機    
出所:上海科学技術情報研究所市場調査研究部
 
1.2.3 受注・建造実績
 
表1-8: 主要受注・建造実績一覧表
(拡大画面:59KB)
出所:上海科学技術情報研究所市場調査研究部
 
1.2.4 その他
●設計レベル
 国家レベルの技術研究センター、博士後期課程研究所及び7設計研究所あり。
 各研究所合計の技術者は2,000人、中級以上の技術者は586人。
 
 国家レベルの重点技術専門学校である「滬東中華造船集団技術学校」を自社で開設、在学中の学生は1,300人以上、専業教師は80人。「滬東中華造船集団技術学校」から造船技術を持つ人材が造船所に送り込まれる。
 
●日系・外国企業との提携
 スウェーデンのTRIBONを導入。
 
1.3 経営・財務状況
1.3.1 資本金、出資者
 
表1-9: 主要出資者及び出資率
(2001年12月31日現在)
出資者 出資率
中国船舶工業集団公司 100%
出所:国家工商行政管理局
 
1.3.2 売上げ
 
表1-10: 2001年売上げ額
単位:千元
年 度 売 上 高
2001年 4,069,582
注:旧2社合計。現公司は2001年成立。
出所:国家工商行政管理局
 
1.4 今後
1.4.1 最近のトピック
1)中国最大のコンテナ船を起工(2002.05.20)
 中国初の5,618TEUのコンテナ船が黄浦江東岸の新しくできた12万DWT乾ドックで起工。中海集団から受注した4隻のうちの第1船目。
 
2)中国初の「環境保全タンカー」を開発
 オイル漏出防止及び環境保護の7.2万DWTプロダクトタンカーを開発、イタリアD'Amato Di Navigazione から4隻を受注。
 
3)LNG船建造を落札(2002.08.13)
 オーストラリアLNG(ALNG)から広東省LNGプロジェクトのLNG船を受注。
 14.5万m3で、2005年に引き渡し予定。
 
4)フランスGTT社とLNG船の建造技術で提携(2002.09.19)
 
5)5,668TEUコンテナ船が進水(2002.10.10)
 
6)海洋科学調査船―「大洋一号」の改造工事が終了(2002年12月)
 海洋科学調査及び深海探査測定を行う5,600DWTの海洋科学調査船「大洋一号」の改造工事が終了し、中国大洋鉱産資源研究開発協会に引き渡された。
 改造内容は動力位置保持システム及び先進調査設備の設置、甲板作業施設の更新、生活環境の改善、安全施設の強化、実験室の設備・配置更新、船舶情報ネットワークの設置、通信・性能のアップ、操縦の近代化等である。
 
1.4.2 事業計画
●滬東中華造船(集団)の「第10次5ヶ年計画」
 「第10次5ヶ年計画」において、今までで最大規模の設備更新・改造を実施する計画。
 7,000TEUの大型コンテナ船、LNG船、超大型油槽船等を開発し、2005年までに新造船120万DWT、新造ディーゼルエンジン100万馬力、売上高倍増を達成し、海外造船所と競争できる世界一流の大手造船企業グループとなる。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
218位
(30,518成果物中)

成果物アクセス数
49,658

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年2月16日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2003
2.中国造船業の概要<2002年>
3.中国造船業の概要<揚子江流域>
4.2003年度 欧州造船政策動向調査
5.中国主要海運企業の概要と事業展開に関する調査
6.国際海事情報シリーズ76 タイ国におけるフェリー網整備に関する調査
7.国際海事情報シリーズ77 米国における次世代水上交通システム構築に関する調査
8.国際海事情報シリーズ78 米国における舶用ベンチャーの事業化支援制度に関する調査
9.国際海事情報シリーズ79 欧州における航海機器のシステム化の現状と動向に関する調査
10.国際海事情報シリーズ80 天然ガスの新たな輸送方式に関する調査
11.国際海事情報シリーズ81 欧州の国家造船業を支援するEUの諸政策
12.国際海事情報シリーズ82 欧州舶用関連企業による対中国戦略に関する実態調査
13.国際海事情報シリーズ83 太平洋諸国(オセアニア諸国)における新規造船需要と経済協力に関する調査
14.国際海事情報シリーズ84 欧州造船業を巡る知的財産権とその保護-英国を中心として-
15.国際海事情報シリーズ85 最近の米国の海洋政策策定の動向
16.国際海事情報シリーズ86 東南アジアにおける内航船の安全・環境規制に関する調査
17.国際海事情報シリーズ87 アフリカ諸国造船需要動向調査
18.国際会議「地球未来への企画“海を護る”」
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から