日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

海洋白書 2004創刊号 日本の動き 世界の動き

 事業名 海洋シンクタンク事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


作成に携わった人たち
監修
栗林忠男 東洋英和女学院大学国際社会学部教授
慶應義塾大学名誉教授
 
編集会議メンバー
秋元一峰 秋元海洋研究所代表
寺島紘士 シップ・アンド・オーシャン財団海洋政策研究所所長
寺前秀一 社団法人日本観光協会理事長
中原裕幸 社団法人海洋産業研究会常務理事
林 司宣 早稲田大学法学部教授
(2004年1月現在, 敬称略・五十音順)
 
第1部執筆者
寺島紘士 シップ・アンド・オーシャン財団海洋政策研究所長(第1章)
林 司宣 早稲田大学法学部教授(第2章, 第4章, 第6章)
来生 新 横浜国立大学経済学部教授(第3章)
中田英昭 長崎大学水産学部教授(第4章)
秋元一峰 秋元海洋研究所代表(第5章)
寺前秀一 社団法人日本観光協会理事長(第7章, 第8章)
(2004年1月現在, 敬称略・執筆順)
 
監修・執筆者略歴
監修
栗林 忠男(くりばやし ただお)
1937年東京都生まれ。慶応義塾大学法学部卒業後, 同大学院修士課程修了。オーストラリア国立大学博士課程修了。法学博士。現在, 東洋英和女学院大学国際社会学部教授/慶応義塾大学名誉教授
 
第1部執筆者
秋元 一峰(あきもと かずみね)
1944年福岡県生まれ。千葉工業大学卒業後, 海上自衛隊入隊。2000年に退官し, 現在, シップ・アンド・オーシャン財団海洋政策研究所主任研究員/秋元海洋研究所代表。
 
来生 新(きすぎ しん)
1947年北海道生まれ。北海道大学法学部卒業後, 同大学大学院博士課程単位取得。現在, 横浜国立大学国際社会科学研究科研究科長
 
寺島 紘士(てらしま ひろし)
1941年長野県生まれ。東京大学法学部卒業後, 運輸省入省。現在, シップ・アンド・オーシャン財団海洋政策研究所所長。
 
寺前 秀一(てらまえ しゅういち)
1949年石川県生まれ。東京大学法学部卒業後, 運輸省に入省。現在, 社団法人日本観光協会理事長。
 
中田 英昭(なかた ひであき)
1950年長崎県生まれ。東京大学農学部卒業後, 同大学大学院博士課程修了。農学博士。現在, 長崎大学水産学部教授。
 
林 司宣(はやし もりたか)
1938年三重県生まれ。早稲田大学法学部卒業後, 同大学大学院法学研究科修了, 米国Pennsylvania大学大学院修了。国連本部法務局海洋問題・海洋法部部長, FAO水産局長等を経て, 現在, 早稲田大学法学部教授。
(敬称略・五十音順)
 
写真等提供者一覧
Hans Georg Esch(図1-1-8)
Indian Coast Guard(図1-1-4)
JFEエンジニアリング(図2-20)
Stephan Wallocha(図2-25)
The International Maritime Boundaries(図1-1-7)
ブラジル大使館(図1-1-9)
ブルーシー・アンド・グリーンランド財団(図1-8-5)
マリノフォーラム21(図2-12)
厳島神社(図1-8-3)
宇宙航空開発研究機構(図1-4-3)
海をつくる会(図1-3-6)
大洗町(表紙, 図1-8-1)
大浦町(図2-7)
海上保安庁(表紙, 図1-1-12, 1-5-1〜1-5-6, 1-5-8, 1-7-1, 2-3, 2-14)
海上保安協会(図2-18)
海洋科学技術センター(表紙)
海洋産業研究会(図1-7-4〜5)
勝越清紀(図目次)
唐津市(図1-8-8)
川崎汽船(図1-7-2)
国土環境(図1-4-5)
国土交通省河川局(図1-1-20)
国土交通省近畿地方整備局(図1-2-3, 2-1)
国土交通省環境整備課(図2-15)
国土交通省国土計画局(図1-1-14, 1-3-3)
佐賀大学(図2-11)
静岡県(図2-13)
商船三井(図1-7-7)
瀬棚町(図2-10)
茅根滋男(図1-6-5)
千葉県(図1-3-5)
東京大学生産技術研究所海中工学研究センター浦研究室(図2-21)
東京都(図1-6-1)
得丸久文(図1-2-2)
富山県(図1-1-1)
内閣広報室(図1-2-1)
西宮明文(図1-4-2)
日本財団(図1-1-16, 1-1-18・19, 1-1-21, 2-16, 2-19)
日本海事科学振興財団(図1-5-7)
日本海事広報協会(図1-1-3, 1-7-3)
日本観光協会(図1-8-4)
日本鯨類研究所(図2-8, 2-24)
日本造船工業会(図2-16)
氷見市(図2-9)
藤前干潟を守る会(図1-8-7)
北海道漁協女性部連絡協議会(図2-6)
毎日新聞(図1-3-1)
水間八重(図第1部扉, 図2-5)
三井造船(図2-23)
門司港レトロ倶楽部(図2-17)
山路産業(図2-22)
横浜ベイサイドマリーナ(図1-8-6)
(敬称略・五十音順)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
261位
(30,551成果物中)

成果物アクセス数
40,066

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月23日

関連する他の成果物

1.平成15年度 各国の海洋政策の調査研究 報告書
2.国際会議「地球未来への企画“海を護る”」
3.国際会議「日・印・海洋安全保障ダイアローグ」
4.北米の大学における海洋管理教育の現状
5.平成15年度 閉鎖性海湾の健康診断に関する調査研究 報告書
6.Ship & Ocean Newsletter No.64?No.87
7.Ship & Ocean Newsletter Selected Papers No.2
8.Ship & Ocean Newsletter Selected Papers No.3
9.人と海洋の共生をめざして 150人のオピニオン
10.海洋教育拡充に向けた取り組み 平成15年度報告書
11.平成15年度 海洋及び沿岸域のゴミ問題に関する調査研究 報告書
12.平成15年度 沿岸域管理モデルの構築 報告書
13.国際海峡利用国と沿岸国の協力体制
14.平成15年度 新たな概念に基づく海洋の安全保障に関する調査報告書
15.地方分権時代にふさわしい地方税のあり方に関する調査研究報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から