日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 運輸.交通 > 成果物情報

2003年度 国際協力事業団集団研修 都市交通コロキウムII 国別報告書(翻訳)

 事業名 基盤整備
 団体名 海外運輸協力協会 注目度注目度5


4. エジプト
運輸省交通計画局
Mr. Ahmed Ibrahim Mohamed ABDALLA
 
カントリー・レポート
都市公共交通コロキウムII
JFY 2003
エジプト・アラブ共和国
 
Ahmed Ibrahim Mohamed Abdalla
運輸省交通計画局
 
コース番号:J-03-00783
 
I. エジプトの概要
1. 地理
 
 エジプトは北アフリカに位置する。アジア、アフリカ、欧州という3つの大陸の中心にあり、戦略的な、地理的な位置付けにおいて恵まれている。国土の総面積は997.739km2で、その僅か4%が居住地である。1999年の中央統計庁(Central Agency for Public Mobilization and Statistics、CAPMAS)の推計によれば、人口は6200万である(表1参照)。主な都市は、人口1560万の大カイロ(カイロ、ギザ、カルオビアの行政地区)、人口380万のアレキサンドリア、人口92万のポートサイドおよびスエズである。一方、砂漠地域(レッドスィー、ニューバレー、マトラウ、サイニの行政地区)の人口は、全人口の約1.2%であるが、全国土の約85%を占めている。公用語はアラビア語で、気候は暑く乾燥しているが冬はしのぎやすい。
 
Table(1)Development of population according to CAPMAS statistics(in thousand)
 
2. 経済
 
2.1 ナセル時代(1952〜1970年)
 
 経済は高度に中央集権化され(国営化による国家管理経済)、国内総生産(GDP)の成長率は約5%、国内貯蓄は限定的で国外からの借入れに依存していた。1967年の戦争により軍などの非生産部門へ資源が割り当てられた。
 
2.2 サダト時代(1970〜1981年)
 
 サダトは開放政策を採用し、民間投資の促進と国家管理の緩和を試みた。GDPは、石油輸出、出稼ぎ労働者の送金、観光、スエズ運河からの収入で平均9%増加した。
 
2.3 ムバラク時代(1981年から現在まで)
 
主な特徴
 
・4%のGDP成長率
・3.4%の雇用増加率をもたらした民間部門投資の増加
・教育と保健の重視
・最新技術でエジプト製品の品質を改善
・社会資本の再構築
・経済改革計画の実施
・債務の削減
 
2.4 1999年の経済指標
 
〔単位〕
人口
百万
62
雇用
百万
16.9
失業率
%
7.9
GDP
百万米国ドル
78.941
貯蓄
10億米国ドル
14.5
インフレ率
%
3.7
卸売物価指数
米国ドル
109.2
消費者物価指数
米国ドル
33.8
輸入
百万米国ドル
3,142.9
輸出
百万米国ドル
16,478.2
自動車保有
1人当たり
0.05
 
II. 交通関連の政府機関
1. 運輸省の所管分野
 
・交通事業の許認可
・料率に関する指導
・交通事業の育成(助成金、資金調達、研究開発の支援と租税の軽減による)
・情報サービスの提供(交通情報の開放、資料の出版、法令の更新による)
 
2. 交通計画局(TPA)の所管分野
 
・内陸輸送に関する総合的交通計画の作成(技術面および経済面)
・執行計画の作成と交通部門のプロジェクト立案の調整
・調査および調査の支援、ならびにプロジェクトおよび(または)計画の見直し
・立案過程の監督と輸送部門に関する技術的、経済的な調査の提供
 
3. 各行政地区交通工学計画局(TEPB)
 
 TEPBは知事の直属機関である。TEPBは短期の計画や交通管理計画の設計と実施などの全分野を所管し、交通警察は交通規則の効果的執行を担当する。TEPBの使命は次のような役割を果たすことである。
 
・道路網の管理(標識、車線の分離、歩行者/車両インターフェースの管理、短期の計画など)、交通システムの実績の監視・分析(データの収集、交通量の測定、交通流の分析、信号のタイミングなど)
・道路の駐車管理計画の監督(地区によっては、その地区内の道路網のための駐車管理計画を立てるので、その監督を行なう)
・隣接する行政地区および他の国家機関との調整を行ない、地方の交通計画のために機構(MTPO)を設立する。
・交通管理と道路スペースの活用
 
4. 中央交通局(CTD)の所管分野
 
・車の免許証発行
・車両仕様の規制
・交通管理
・交通法規の執行
(表2は自家用車の免許証増加状況を示している。)
 
表2 1986〜1998年までの民間の車両保有状況
Table2 Private car ownership development during 1986-1998







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,371位
(31,818成果物中)

成果物アクセス数
6,806

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年3月21日

関連する他の成果物

1.JTCA 30年のあゆみ
2.平成15年度 ハノイにおける都市及び公共交通開発セミナー 報告書
3.海外運輸 2003年2・3月 139号
4.海外運輸 2003年4・5月 140号
5.海外運輸 2003年6・7月 141号
6.海外運輸 2003年8・9月 142号
7.海外運輸 2003年10・11月 143号
8.海外運輸 2004年1月 144号
9.港湾の観光レクリエーション機能の充実に関する研究
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から