日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 産業 > 商業 > 成果物情報

伝統的地場産業の再生・育成に関する研究

 事業名 伝統的地場産業の再生・育成に関する研究
 団体名 地方自治研究機構 注目度注目度5


4 展開方向(ぷからすストーリー)
ぷからすストーリー1:参加と情報共有・発信のしくみづくり
「協働」の主体となるコア組織を立ち上げて、育て、持続展開へ結ぶ
 
【ストーリー展開の提案】
(1)「宮古市民フォーラム(仮称)」の提案
(2)「ぷからすクラブ(仮称)」の提案
 
 “ぷからすストーリー”の第1は「しくみづくり」である。
 これまでの方針づくりでは、何のため(目的)→何をする(実践)→そのために必要なしくみ(体制)、という手順が一般であった。しかし、今回の検討の中からから得られた示唆は逆の手順であった。そこで、モデルテーマとして“手わざ体験観光”をとりあげ、それを具体化していくステップアップのイメージを構築した際のスタートは、活動の第一歩をふみ出す主体(コア組織)づくりから始めることとする。
 スタートを切る“しくみ”は、具体的活動を企図する中で育っていけば、つまり、活動情報をリアルタイムで発信していくことと、多様な主体が参加しやすいシステムをスタートにおいて準備し、事業活動とともに組織をステップアップしていけばよいので、当初は小さくてよい。
 
ぷからすストーリー2:手わざ人づくり
手わざ人の発掘と多面的な育成を図り、活用へ結ぶ
 
【ストーリー展開の提案】
(1)手わざ認証制度・登録制度の提案
(2)人材育成機関「平良市ぷからす学校(仮称)」の提案
 
 “ぷからすストーリー”の第2は「人づくり」である。
 具体的な事業活動の中心には必ず“手わざ人”がいなければならない。活発に事業展開をしようとすれば、それだけ多くの活動を担う“手わざ人”が必要となる。必要となる“手わざ人”を発掘・育成し、“人財”として蓄積しなければ、“しくみ”は機能しないし、事業展開は成りたたない。事業をステップアップしていくために、“手わざ人”づくりのステップアップが必要ということである。そのためには“手わざ”を持つことを日常的な楽しみに感じられ、“手わざ”をみがき活かすことが自信に結ばれるような、公けの評価と活用のしくみ(制度)を持つ必要がある。
 
ぷからすストーリー3:空間づくり
魅力ある拠点づくりと、個性を保全し創造する取組みに結ぶ
 
【ストーリー展開の提案】
(1)拠点づくりにむけたビジョンの提案
(2)宮古全体の風景・風土を保全し、創造するためのルールづくりにむけた提案
 
 “ぷからすストーリー”の第3は「空間づくり」である。
 観光振興に“手わざ”を活用していくためには、ふさわしい場(空間)が不可欠である。魅力ある景観づくりの中で、また楽しい体験観光の中で“手わざ”を活用する場面はさまざまにある。事業がステップアップし、人づくりがステップアップしていけば、それを展開していく場面のステップアップ(充実・強化)も図られていく必要がある。
 
図表3−2
 
“ぷからすストーリー”全体関連図と活用プログラムイメージ
(拡大画面:71KB)
 
 これら全体を推進する力は、モデルテーマの実現にむけた取り組みを成功させることにあると考える。「手わざ体験観光の試験的展開」をモデルとした場合を想定し、ワークショップの多くの提案の中からメニューのイメージを抽出、整理し、これからの企画活動の材料としたい。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,173位
(32,382成果物中)

成果物アクセス数
8,446

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2020年7月4日

関連する他の成果物

1.日本観光ポスターコンクール入賞作品写真(月刊「観光」6月号)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から