日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/04/17 産経新聞朝刊
【主張】有事3法案 安保基本法作りの一歩に
 
 日本が武力侵攻された場合の対処の枠組みなどを定めた有事関連三法案が閣議決定された。有事法制としては戦後初の立法措置となる。小泉純一郎首相が二月の施政方針演説で「備えあれば憂いなし。必要な体制を整えておくことは国としての責務」と強調したことが具体化されたことを評価したい。
 関連三法案は、国が対処する枠組みを定めた武力攻撃事態対処法案と、安全保障会議設置法改正案、自衛隊の活動を円滑化するための自衛隊法改正案で構成される。昭和五十二年、福田内閣で有事法制の検討を始めて以来、放置されてきた国の主権と国民の安全を守るための危機管理体制を整備することは、遅きに失した感は否めないが、国家としては当然の務めである。同時に今回の措置だけでは十分といえないのも事実だ。
 武力攻撃事態は、旧ソ連による着上陸侵攻を想定して、防衛庁がかねて対処を研究してきたケースであるが、問題は日本にとっての脅威やリスクに十分に対処できるかどうかだろう。国民が関心をもつテロ、不審船などの緊急事態への対処に関しては「迅速かつ的確に実施するために必要な施策を講じる」と記されているものの、いつ、どのような措置を取るのかを明示しなければ、画餅に帰すことになる。
 有事に即応できるのかどうかの問題もある。武力攻撃事態の場合、政府は対処基本方針を作り、閣議決定を経て、国会承認を得る段取りだが、ミサイルが飛来するような事態ではこうした手続きに手間取り、即応が遅れることにならないか。新たに設置される武力攻撃事態対策本部も、意思決定システムを煩雑にしかねない恐れがある。
 国会では与野党ともにこうした問題点を詰め、国益を踏まえたよりよき法案にしてほしい。
 一方で小泉首相は、いかなる事態にも対処できる包括的な安全保障基本法の整備に乗り出すべきではないか。昨年九月の米中枢同時テロを受けての国際的な共同行動に対して、日本は新規立法を行ったが、新たな事態のたびに既存の法体系を手直ししたり、新法を整備するのでは、危機に的確に対処できないことは自明である。今回の措置も、こうした基本法作りの第一歩と位置づけるべきである。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
431,167

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から