日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1993/11/13 産経新聞朝刊
【主張1】世界が期待する日本PKO
 
 カンボジアとモザンビークにおけるわが国の国際平和維持活動(PKO)の実態はどうなっているのか。どれほどの国際評価を受けているのか。今後の問題点はどこにあるのか。
 日本PKO本部、つまり総理府国際平和協力本部は十二日、カンボジアPKOが終了し、モザンビークPKOの八カ月延長が決定したことで、国際平和協力法に基づき、これら二つのPKO活動の実施状況について、国会報告を行った。
 同報告は、まずカンボジアPKOについて、(1)停戦監視(2)選挙(3)文民警察(4)道路、橋などの修理を中心とする後方支援の四分野にわたって行われた結果、カンボジア和平の基礎が構築されたとし、こうしたわが国の貢献は誇りであり、国際的に高い評価を得たばかりでなく、国内的にも国民の理解と支持を深めていると強調。今回のPKO活動で文民警察の高田晴行警視と国連ボランティアの中田厚仁さんが犠牲になったことは誠に痛ましく残念だが、今後は安全確保を最大のテーマとして検討したいと結んでいる。
 モザンビークPKOについては、本年十月三十一日までの活動期間が八カ月延長されたことに基づいて、司令部業務と輸送業務に携わる日本PKO五十三人の活動状況が報告されるとともに、今後は新たに航空自衛隊も加わって、C−130H輸送機を駆使し、空からの平和協力業務を展開することが表明された。
 しかし、日本PKOの今後の活動に課題がないわけではない。むしろ課題は多いと言える。想像もしない危機に直面した際に、どう対処したらいいのか。武器使用の問題も含めて、検討・研究をしていかねばなるまい。わが国の指揮と国連の指図の問題をどう調整していくか。この「二君に仕える」というPKOが抱える構造的問題をどう解決するか。あるいは、通信手段を充実することによって、要員の状況を常時把握できるシステムをつくることも必要だろう。
 問題は日本PKOのこれからの展開ではなかろうか。米国のアジア専門家グループは「日本のカンボジアPKO参加はアジア諸国の日本への警戒や敵意を大幅に後退させた」と評価している。総理府が行った調査によると、カンボジアPKOに対する評価は国内でも非常に高くて、六三・一%が「協力してよかった」と答えている。
 自信を持って活動し、「世界に貢献する日本」の使命感を持って、世界の期待にこたえてもらいたい。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
431,167

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から