日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2004/07/21 読売新聞朝刊
[社説]在日米軍再編 日本の安保戦略との調和が重要
 
 在日米軍の再編は、「世界の中の日米同盟」のあり方だけでなく、アジア太平洋地域の安全保障の観点からも、極めて重要な動きである。
 米国は、世界規模で進めている在外米軍の変革・再編に関連した、在日米軍の再編構想の輪郭を、先の日米審議官級協議で提示した。
 米側の提案は、米ワシントン州の陸軍第一軍団司令部やグアム島の第十三空軍司令部を、横田基地からキャンプ座間へ移転する在日米軍司令部に統合するなど、司令部の機能を強化することに主要な狙いがある。
 在日米軍は、朝鮮半島から南アジア、中東に至る「不安定の弧」を守備範囲とする。テロやミサイルという新たな脅威に、機動的に対処する戦略に基づくものだ。司令部機能の強化は、日本がその戦略拠点となることを意味する。
 米国は、国際社会の安定を軍事面で支える要になる国である。国際社会の安定に依拠して、日本の繁栄がある。同盟国として、日本が米国に協力することは必要だろう。
 ミサイルという新たな脅威に対しては、日本がミサイル防衛(MD)システムの導入を決定したことで、日米の新たな共同作業も始まっている。国際テロに対処するうえでも、一層、協力関係を強めなければならない。
 在日米軍の再編は、アジア太平洋地域の安全保障や日米防衛協力にも大きな影響を与える。
 このアジア太平洋地域で、日米同盟を機能させるために、日本は必要な役割や任務を果たしていかねばならない。
 今後の自衛隊の編成や配置、装備体系も、在日米軍の再編を抜きに考えることはできない。日米の任務分担をどうするかなどは、年内に策定する、新たな防衛計画大綱にも、当然、反映されることになるだろう。
 米側の提案には、厚木基地の岩国基地への移転、普天間飛行場の嘉手納空軍施設への統合など、在日米軍基地の移転・統合案も含まれている。
 基地機能が損なわれては、日米共同作戦を円滑に展開することができない。関係自治体や住民の在日米軍基地に対する理解を得る努力が必要だ。
 政府は、近く首相官邸に外務省、防衛庁など関係省庁によるプロジェクトチームを設置し、関係自治体と調整し、対応を検討する。
 日米間や、関係自治体との調整は、容易なことではない。だが、大事なのは、在日米軍再編と日本の安全保障戦略との調和を図ることだ。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(29,250成果物中)

成果物アクセス数
434,585

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から