日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1997/06/21 毎日新聞朝刊
[徹底解説ガイドライン]/7 医療 時代と共に国民意識変化
 
 イラン・イラク戦争さなかの1984年3月13日、負傷したイラン兵2人が来日し、東京都新宿区の東京女子医大病院に入院した。
 同27日の衆院科学技術委員会で、この件が取り上げられた。
 小川新一郎議員(公明)「戦争当事国の負傷者治療は、戦争に加担すると非難される恐れが出る。第一線に復帰すれば、後方野戦病院の任務を果たすことになり、戦争に介入していると解釈されても仕方がない」
 北川石松外務政務次官「戦争だけじゃなく、病気でも、日本を頼ってこられた者は受け入れなければならない」
 他国兵士の国内治療に関し、内閣法制局は一貫して合憲の見解を示している。
 「病院提供は軍事行動とは認められない」(59年・参院予算委)、「負傷した兵隊を自衛隊の病院等で治療する医療行為は、現在の法制上も可能」(96年・衆院安全保障委)
 明確な答弁とは裏腹に政府はこれまで、交戦国の医療にかかわることを国の立場では意識的に避けてきた。イラン兵の来日治療の際も、事前に知った外務省はイラン大使館に「入院先は国立病院を避けてほしい」と申し入れた。国立病院での治療が「国の行為」とみなされることを恐れたのだ。
 「日米防衛協力のための指針(ガイドライン)」見直しでは、日本周辺有事の際、対米後方支援として「日本に後送された傷病者の治療」が、検討項目となった。施設は民間の病院のほか、国立はもちろん、全国の自衛隊病院が含まれる。しかし今回、医療支援を問題視する動きはとりたててない。負傷者の治療は人道的観点から当然という感情が大きく左右しているようだ。
 ベトナム戦争当時、多くの米兵が直接ベトナムから米空軍横田基地に運ばれ、各地の米軍病院に入院した。68年3月、東京・王子に米軍病院が開院された際は都議会や北区議会が反対を表明。過激派学生が「“野戦病院”開設反対」を掲げてデモを行い、病院内に突入する騒ぎも起きた。防衛庁は「今では、そのような事態が起きるとは考えられない」(防衛政策課)と楽観する。国民の意識が時代と共に変化したことが、指針見直しの環境づくりに大きな役割を果たしたとも言える。=つづく
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
432,318

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から