日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【自衛隊について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1995/12/22 毎日新聞朝刊
[社説]防衛費 自衛隊は欲張りすぎだ
 
 「来年度の防衛費は、今後五年間の防衛力整備計画の初年度に当たる。つまり発射台になるわけだから、金額は大きい方がいい」
 一九九六年度防衛費について、防衛庁の幹部から、こんな話を聞いたことがある。二十日に内示された防衛費に関する大蔵原案は、防衛庁・自衛隊が期待する通りの「高い発射台」となった。防衛庁・自衛隊はニンマリとしているに違いない。
 来年度防衛費の総額は四兆八千四百五十五億円で、前年度比二・五八%の増である。概算要求基準(シーリング)段階の同二・九%よりは下回ったものの、一般会計歳出に防衛費が占める割合は六・五%と、例年通りの高い数値となった。相変わらず防衛費が聖域視されているといって過言ではない。
 このところ、防衛政策に関する重大な閣議決定が相次いだ。
 その一つが、十一月二十八日の新しい「防衛計画の大綱」であり、さらに今月十五日の「中期防衛力整備計画」(中期防)である。
 新大綱は冷戦終結を受け、ほぼ二十年前に作られた旧大綱を見直したものだ。また中期防は新大綱に基づいて、九六年度から二〇〇〇年度までの五年間に、どんな装備を買い込み、どれくらいの人員を配置していくかの計画表である。
 この過程で、私たちはロシアからの脅威の大幅な低下、朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)の発足に代表される朝鮮半島での対立緩和などを挙げ、防衛力をスリム化し、軍縮を進めるよう求めてきた。
 新大綱、中期防とも「防衛力の合理化、効率化、コンパクト化を進める」一方、「機能の充実と質的な向上を図る」ことを打ち出した。
 コンパクト化は結構なことで、ぜひとも進めてほしいと期待していたが、来年度防衛費は、機能の充実と質的な向上だけが重視され、結果的に戦力の向上を狙った防衛庁・自衛隊路線の集大成となってしまった。
 防衛費が前年より大きくなった理由について防衛庁は、兵器を買う場合のつけ払いである後年度負担や人件・糧食費は削れない、円安による為替差益約百三十億円が全体の額を押し上げた、さらに日米安保体制維持に必要な新特別協定による持ち出しが約三十三億円増えた、などと釈明している。
 そうした拡大要因があることを全面否定するつもりはないが、それにしても、さらに多額のつけ払いが残る兵器を、欲張って買い続ける必要があるのだろうか。
 その代表例が、一機当たりの当初価格が百二十億円近くもする世界一高価な支援戦闘機(FSX、F2と改称)である。
 私たちは、費用対効果の観点から、F2の発注・配備は見送るべきだと主張してきたが、防衛庁は今後十二年間で計百三十機調達する方針を変えておらず、来年度は手始めに十一機購入するという。
 支援戦闘機については、防衛産業の保護ばかりを優先させずに、九七年度以降は調達を取りやめ、現有機を延長利用していくべきだ。
 後年度負担が防衛費を硬直化させていることは、毎年、指摘されていることだ。しかし今回、政府・与党内では議論らしい議論もなかった。正面装備の新規契約の削減や後年度負担の繰り延べなどを真剣に検討すべき時期に来ている。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
14位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
434,477

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【憲法改正について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から