日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2001/11/29 産経新聞朝刊
【主張】国語教育充実 評価したい文化審の提案
 
 文化審議会は国語教育を充実させ、歴史と伝統を大切にする心の育成を求める素案をまとめた。次代の日本を担う子供たちをはぐくむための有意義な提案である。
 国語はその国の文化を伝える言語である。とりわけ、日本語は二千年以上前の文字のない時代から使われ、中国から漢字が入ってきた後も、もとの大和言葉を失わず、漢字を見事に活用してきた歴史をもつ。
 日本に生まれた子供たちには、この日本語をまず習得させることが教育の基本である。そうしなければ、子供をしつけられないし、歴史や文化を伝えることもできない。算数や理科などの授業も、子供に日本語の理解力がないと進められない。国語力は最も大切な基礎学力といえる。
 今の文部科学省には、そうした問題意識が薄い。来春から実施される新学習指導要領では、国語の授業時数も他の教科と同様、現行より三割減らされる。その代わり、新設の総合学習の時間を使った英会話の授業が小学校三年から入ってくる。英語を耳からなじませようというのだが、国語をなおざりにした早期英語教育は疑問である。
 国語の軽視は教育現場にも見られる。大阪府の小学校では、外国籍児童への配慮を理由に、時間割を「国語」とせず「日本語」と表示していた例が明るみに出た。日教組は国語の授業を「日本語教育」と呼んでおり、同じ例はかなりあるようだ。肝心の日本人児童への配慮を欠いた安易な名称変更と言わざるを得ない。
 国語の授業は単に日本語という語学を学ぶのではなく、日本語特有の感情の機微に触れた言葉遣いを通じて、日本の文化を学ぶ時間なのである。
 英語学者の渡部昇一氏は近著「国民の教育」で、若い時期から俳句や和歌などで大和言葉を学び、日本人の伝統的な心や感覚を身につけることの大切さを訴えている。数学者の藤原正彦氏は今月、東京都内の教育シンポジウムで「国語を通じて日本人としてのアイデンティティーを持たせるべきだ」と強調した。
 国際化が進み、一部で英語公用化論が唱えられているが、そういう時代だからこそ、健全な国家意識をはぐくむための国語教育が大切なことも忘れてはならない。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(29,208成果物中)

成果物アクセス数
496,024

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月21日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から