日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2000/07/28 産経新聞朝刊
【主張】「日本人へ」 心で熟読したい呼びかけ
 
 森喜朗首相の諮問機関「教育改革国民会議」は、これまでの審議で大筋合意に達した教育基本法改正や青少年の奉仕活動などを盛り込んだ報告書を森首相に提出するとともに、「日本人へ」と題するメッセージを発表した。戦後教育が避けてきた問題があますところなく提起されている。
 このメッセージは、主として教育基本法改正問題を検討してきた第一分科会で出されたさまざまな意見を、委員の一人である作家の曽野綾子さんがまとめた報告書の一部だ。未来の日本を担う子供たちが厳しい試練を乗り越え、強く正しく生き抜いてほしいという願いがこめられている。
 いろいろな読み方があろうが、特に若い親たちに読んでほしいのは、「人生の最初の教師は父母」というくだりだ。「学齢期までの子供のしつけは父母の責任と楽しみである」としたうえで、(1)団体行動に従う(2)あいさつができる(3)単純な善悪をわきまえる(4)我慢する−などの基礎訓練を求めている。これだけでもしつけておいてから、子供を小学校に送り出せば、学級崩壊などは起きないはずだ。
 「三つ子の魂百まで」といわれるように、家庭教育は最初が肝心である。幼いころから、しつけをきちんとやっておけば、成長してからも、道を大きく踏みはずすことは少ないだろう。反抗期などに多少は親をてこずらせるようなことがあっても、比較的早くもとの素直な子に戻るのではないか。
 メッセージの中で「最後は自己責任」というくだりは、子供にも読んでほしい。「教育は本来、父母、当人(子供)、社会が共同して行うものである」「親だけが悪いとか、社会が自分を裏切ったから自分はだめになった、などと言うのは口実に過ぎない」。分科会のだれの意見かは分からないが、実に含蓄のある言葉だ。
 教育というものは、教える側(大人)と教えられる側(子供)がともに努力しないと、成果があがらないことを伝えようとしている。学校でいじめ、校内暴力が起きても、ストレスや競争社会のひずみなどのせいにしてはいけない。悪いのは、いじめた子や暴力をふるった子自身であり、まず本人が責任を感じ、過ちを悔い改めなければならないのである。
 「日本人へ」はこのほか、日本を祖国として生を受けたことの自覚や伝統的な芸術・文化の尊重、道徳教育への社会人参加、死生観の教育の重要性など、さまざまなメッセージを送っている。本紙は二十七日付朝刊にほぼ全文を掲載した。これだけ豊かな文章に出合えば、われわれも希望がわいてくる。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
493,444

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から