日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/01/25 読売新聞朝刊
[社説]学力テスト 学校教育の課題解決に役立てよ
 
 子どもたちの学力は本当に低下しているのか。
 学習内容をどの程度身につけているのかを測る文部科学省の全国一斉テストが始まった。
 一斉テストは六年ぶりだ。これまでのテストは学習指導要領を見直すデータ集めを目的としていた。
 今回のテストは、教科内容や授業時間を削減する新指導要領の四月実施を前に保護者などの間に、学力低下の懸念が広がっていることから、実態を調べるのが目的である。
 同省はテストの結果によっては新指導要領の見直しも検討するとしている。社会の変化に見合った学力の維持・向上につなぐ契機にする必要がある。
 ここ二十年来、教育は「ゆとり」「個性化」「自由化」をスローガンに行われてきた。最近は「自ら学び、考える力」が強調されている。
 だが、現実は狙いとは程遠い。
 子どもたちの家庭での学習時間は九〇年代に急減し、先進諸国で最低レベルとなった。
 学習意欲の低下も、指摘されている。新指導要領に不安が寄せられるのは当然である。
 子どもたちの勉強離れの背景には、少子化に伴う受験競争の緩和などがある。しかし、学校で子どもの自発的な学習を重視するあまり、基礎・基本をおろそかにする傾向もあった。
 知識をただ詰め込めばよいというのではないが、数学や英語など体系的な教科では知識の積み上げが重要だ。
 大規模な学力テストの実施は、一九六六年に全国学力テストが廃止されて以来のことだ。日教組などから、「学校を序列化する」との批判があり、実施できなかった。
 読売新聞は一昨年十一月の教育改革提言で、現在の教育改革そのものを改革し基礎学力を向上させることを求めた。
 子どもの自主性を尊重した学びが、教育放棄に陥ってはならない。
 遠山文科相は先に、「学びのすすめ」と題するアピールを発表した。補習や宿題を奨励し、子どもたちが「学ぶ習慣」を身につけることを求めた。
 同省は、指導要領は最低基準でそれを超える授業もできる、としている。指導要領を上限規制と受け取ってきた学校現場の戸惑いは強い。要領の記述にもあいまいなところが少なくない。
 同省には、学校教育の目指す方向を明確に示すとともに、今回の学力テストのデータなどを活用して、学校教育が抱えるさまざまな課題に、解決の方策を打ち出すことを求めたい。

 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
494,237

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から