日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1999/02/01 読売新聞朝刊
[社説]変革期迎えた教師に二つの顔
 
 学級崩壊に悩む教師と、教育改革に果敢に挑む教師と、先ごろ岡山で開かれた日教組の教育研究全国集会で、その対照が際立った。子どもと時代の激しい変化が形作る教師像の、裏と表、影と光の関係と言ってもよさそうだ。
 授業中に子どもたちが勝手に歩き回ったり、奇声を上げたり、揚げ句の果てに机を放り投げたりする。小学校低学年からあらわれるクラスのそんな騒乱状態を教師たちは学級崩壊と呼んでいる。
 急速に広がっているなどと、センセーショナルな取り上げ方もされるが、集会では「そんな言葉がない十年前に経験した」との発言もあった。ようやく実態が明らかになり始めていると言った方が正確だ。
 小学校では教師一人が一日中一つのクラスを担任するため、表面化しにくかったようだ。さらに、自身の指導力にもかかわる問題だけに進んでは口にできなかったという事情もあろう。
 「教師が弱音を吐いてどうすると思ったが、苦しい時には苦しいと言いたい。周りでそれを支えてくれる仲間がほしい」。ある教師はこう訴えた。問題をできるだけ多くの教師で共有しようという動きで、これは評価しなければならない。
 この問題への対処法は、まず問題を明るみに出すということだ。集会での多くの報告でも、複数の教師、学校全体、さらには地域へと問題を投げかけ、一体となって取り組むことが効果的だったとされた。
 子どもたちの変化に、戸惑い、たじろぐ教師たちの一方で、集会では、教育改革の最前線に立って、子どもたちをぐいぐいと引っ張っていっている元気な教師たちの姿も目についた。
 二〇〇二年度から実施される新しい学習指導要領では、教科の枠を超えて学ぶ「総合学習」が設けられる。それを先取りして実践する教師たちなどに、特にその強い意気込みが感じられた。
 富士山のふもとにある小学校の教師は、道徳を中心に国語や理科などを総合的に組み合わせた富士山研究の事例を報告した。登山客との交流、環境問題への関心の広がりなど大きな成果が上がったという。
 地域を含めた学校自慢を、学校新聞やビデオレターの形で相手校と交換し合った事例も関心を呼んだ。国語、社会の時間が利用されたが、小学三年生が自己表現力を着ける上でかなり効果的だったそうだ。
 このほか、公立の中高一貫校への準備を進める教師、総合学科高校で生徒の幅広い選択にこたえて一人で七科目も担当している教師の報告もあった。
 教育はいま戦後最大の転換期を迎えている。知識の一方的な伝達ではなく、子どもたちに生きる力、自ら学び、自ら考える力を身に着けさせようというのが基本的な方向だ。子どもの能力、関心に応じて、学級や教科、授業時間などあらゆる「枠」を超えた試みが意味を持ってきている。
 子どもや時代の求めを正面から受け止めて柔軟に対応する。多くの先行事例はそのまま学級崩壊の処方せんでもあろう。

 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
493,444

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から