日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【教育問題について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1994/02/03 読売新聞朝刊
[社説]「時代の変化」に戸惑う現場教師
 
 学校というところは、継続性と安定性をことのほか大切にする世界だ。従って、時代の変化に対しても、それらの一番後ろからついていく。
 例えば、学校五日制は、大人の週休二日制の普及状況に合わせ、かつ月一回という形で、おずおずと始めている。選択の自由の拡大路線にしても、この二十年来の価値観や生き方の多様化に応じたものだ。
 そうした世間の変化の流れに対する認識が、教育現場には十分行き渡っていない。その感を強くしたのが、先ごろ終わった日教組の教育研究集会である。認識のずれの中で戸惑い、悩んでいると言っていい。
 今進められつつある教育改革は、「新学力観」と「自己実現」をキーワードにしている。知識の量を競うのではなく、考える力や表現力を重視する教育、あてがいぶちではなく、自分らしさや自分なりの意味を実感できる教育への転換が課題だ。
 この線に沿って、学校の枠組みを柔らかくする方向にある。単位制や総合学科高校の創設や社会人教師の登用がそうだし、不登校児に学校以外での「回り道」を認めたのも義務教育を柔軟にとらえた結果だ。学校の裁量もうんと広げられている。
 ここには、「個人のニーズ」をより大事にしていこうという発想が見て取れる。
 ところが、集会での報告や討論は、これらの課題にこたえ切れたとは言えない。
 学校五日制が完全実施される場合に不可欠な授業内容の精選について「文部省の改訂待ちでいいのか。現場の手で自主編成する必要がある」との発言があった。
 その通りだ。だが、どこをどのようにすればいいのか、あるいは指導方法はどうするか、といった具体的な討論はほとんど見られなかった。日ごろ子供と接している教師集団ならではの提言がほしかった。教科を横断的に見る視点を求めたい。
 評価のあり方の転換への「拒否反応」も気になった。新しい指導要録は、相対評価をわき役に回し、一人一人の可能性や良さを伸ばす趣旨を込めている。そのために「知識・理解」よりも「関心・意欲・態度」や「思考・判断」を重視している。
 批判の根拠は「客観性、公平性を保てない」というものだが、これを突き詰めると新学力観をなしくずしにし、偏差値教育を是認することにつながりかねない。
 脱偏差値路線は、まだその緒についたばかりだから、多少の混乱や戸惑いがあるのは理解できる。だが、もはや後戻りできないことも事実だ。試行錯誤を含めて、中学や高校などで、それぞれができることを着実に進める以外にないだろう。
 集会では、かつてのように、文部省と対決するような場面は、ほとんど影をひそめた。小学校の「生活科」やチーム・ティーチングなどの実践で、きらりと光るリポートも見られた。とは言っても、全体的にみて、力不足の感はまぬかれない。
 組織率が低下している(三五%)とは言え、日教組はなお最大の教師集団(四十万人)である。その分、寄せられる期待が大きいことの自覚が欠かせない。

 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
11位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
493,444

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から