日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【憲法改正について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1993/01/19 産経新聞朝刊
【主張1】宮沢首相の憲法感覚を問う
 
 宮沢首相が東南アジア諸国連合(ASEAN)四カ国歴訪中の同行記者団との懇談で、憲法改正論議の高まりに強い疑念を示した。
 首相は「憲法論議をタブーにする必要はない」としながらも、「考えれば考えるほどやさしい問題ではないことが分かる」と冷ややかな見方を示し、政界再編の動きと改憲論議の絡み合いについて「憲法にとって大変不幸なことだ」「これを政治の旗にするのはよくない」などと述べたという。
 首相が自民党内で護憲派と目されてきたことは知られているが、改めてその憲法感覚を問い直さないわけにはいかない。
 現在、改憲論議がかつてないほどの高まりを見せているのは、いうまでもなく日本の国際貢献姿勢との関係からだ。国連平和維持活動(PKO)協力法によって、カンボジアへの自衛隊派遣は実現したが、ソマリア多国籍軍には参加できず、さらにガリ国連事務総長が提案する平和実施部隊にも対応することはできない。安保理常任理事国入りを目指す日本だが、いったい、その資格は備わっているのだろうか。
 こうした日本の実態は、「集団的自衛権は認められていない」という政府の九条解釈からすべて発している。今後、国際社会における役割と責任を果たしていくために、現憲法のままで十分対応できるのかどうか。改憲論議はそこからスタートしたはずであった。
 首相のいかにも冷淡な反応は、国際貢献の拡充を考えていくうえで、これ以上の人的派遣体制を整備する必要はないと言っているのとほとんど同義語であるとも受け取れる。
 自民党の平成五年運動方針案では、「国民の間に改憲論議をタブー視しない風潮も根付いてきた」として、「新しい国民意識をよりどころに自主憲法制定を目指す」とはっきり打ち出しているのだ。それを、党総裁である首相が憲法見直し論に冷や水を浴びせるというのは、いったいどういうことか。
 「軽武装・経済重視」をその政治理念の軸とする首相は、「あえて国論を二分するような問題提起は害あって益なし」といった、きわめて合理主義的な考え方の持ち主でもある。憲法についても「解釈で運用できるのだからそれでいいではないか」というのが本音のようだ。
 日本は国際社会でどういう国になろうとすべきなのか、さまざまな模索がはじまっている時期に、首相のこうした腰の引けた態度はきわめて遺憾であるといわなくてはならない。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。





サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
25位
(28,901成果物中)

成果物アクセス数
273,031

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年6月10日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から