日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【憲法改正について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


1997/04/06 読売新聞朝刊
「憲法論議を」最高の75% 改正賛成、5年連続多数派/読売新聞社世論調査
 
◆実態との間に「矛盾感じる」68%
 読売新聞社は、三月十五、十六の両日、全国世論調査を実施し、五月三日で施行五十周年を迎える現行憲法に対する国民意識を探った。憲法改正を求める人は45%にのぼり、五年連続して「改正しない方がよい」を上回った。改正問題を軸とする憲法論議を「望ましい」とする人も七割以上で過去最高を記録するなど、論議さえタブー視する考え方は、既に過去のものとなっていることが明らかになった。制定当時には想定できなかった日本の社会や国際情勢の変化を背景に、憲法の規定と現実の社会との間に矛盾を感じる人も三分の二に達し、施行から半世紀を経て憲法が対応しきれない問題が生じている――との認識が大勢を占めた。(調査内容12・13面)
 憲法を「改正する方がよい」は九六年の前回調査に比べて2ポイント減ったものの、「改正しない方がよい」37%を8ポイント上回った。改正賛成派は、九三年調査以来一貫して多数を占め、わが国の国際貢献の必要性が指摘される中、“一国平和主義”からの脱却を図る改正論議が定着したことを示した形だ。
 それを裏打ちするように、改正を求める理由では「国際貢献などいまの憲法では対応できない新たな問題が生じている」が50%で最も多く、以下、「解釈や運用だけで対応すると混乱する」32%、「アメリカに押しつけられた憲法だ」30%などの順だった。
 逆に、改正しない方がよい理由は「すでに国民の中に定着している」55%、「世界に誇る平和憲法」35%、「基本的人権、民主主義が保障されている」27%などだった。
 憲法論議を盛んに行うことを「望ましい」と思う人は前回調査より4ポイント増の75%となり、九五年調査から三年連続して七割を超えた。「望ましくない」は15%で、憲法論議を歓迎する人が圧倒的多数になっている。
 また、憲法の規定と、政治や社会の実態との間に矛盾を感じることがあるかどうかを聞いたところ、「ある」は「大いに」「多少は」を合わせて計68%で、「ない」25%を大きく上回った。
 矛盾を感じる具体的な内容については、憲法九条にかかわる「戦争放棄、自衛隊」が46%で最も多く、次いで、「選挙制度」33%、「情報公開」28%、「生存権、社会福祉」「環境」各22%などだった。
 ただ、憲法が日本の社会で果たしてきた役割については、「評価している」が76%にのぼり、戦後日本の平和と経済的繁栄への現行憲法の貢献は、広く認識されているようだ。


 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。

「読売新聞社の著作物について」








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
25位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
272,858

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【教育問題について】
10.私はこう考える【イラク戦争について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から