日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

海洋活動マニュアル(カッター・ヨット・カヌー・ロープワーク)

 事業名 団員拡充モデル事業
 団体名 日本海洋少年団連盟 注目度注目度5


 
 
(2)進路変更・方向転換の名称
 トライアングルコースを走りながら、いままで出てきた4種類の進路変更の名前を図46を参考に確実に覚えよう。
 
(拡大画像:213KB)
図46. 進路変更・方向転換の名称
 
 
(3)沈(キャップサイズ)
 ヨットの転覆のことを「沈(キャップサイズ)」といいます。沈をするとあわててしまいますが、ライフジャケットを着ていれば大丈夫です。ヨットから離れないようにして、図47のようにセンターボードを引っ張り、ガンネルに足をかけ、後ろにゆっくりと体重をかけるとゆっくりと起きてきます。背中から風を受けながら起こすとうまくいきます。起きたら船尾に回り、はい上がり水をくみ出し、再帆走します。
 1回や2回うまくはいかなくても、あきらめずにがんばりましょう!日頃からはい上がる体力を鍛えておこう。水泳も練習しておこう。ライフジャケットはしっかり着用しておかないと、脱げてくるよ。
 
 
 
図47 沈の処理







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
43位
(30,543成果物中)

成果物アクセス数
210,231

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年3月9日

関連する他の成果物

1.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(愛知県連盟版)
2.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
3.日本造船学会論文集 第191号及び第192号
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から