日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

海洋活動マニュアル(カッター・ヨット・カヌー・ロープワーク)

 事業名 団員拡充モデル事業
 団体名 日本海洋少年団連盟 注目度注目度5


第1部 カッター編
まえがき
 カッター(Cutter)とは、オールを使って漕いだり(Pulling)、帆(Sail)に風を受けて帆走(Sailing)する訓練用ボートのことです。もともと大型船に備えられていたボートを大きさで区別し、大きい方からランチ(Launch)、ピンネス(Pinnace)、カッターと呼んでいました。
 オールを使って漕ぐ場合、漕ぎ手全員のオールが(1)海水を掴み、そして(2)捕えた海水をグッと引き込み、オールが(3)海水から離れ、再び海水を掴むために(4)オールを突き出す、(1)キャッチ→(2)引き→(3)フィニッシュ→(4)返しという一連の動作が一糸乱れず行われなければなりません。そのためには、号令をかける艇指揮、チラーを握り舵をとる艇長、そして漕ぎ手(クルー)全員の意気がぴったりと合ってはじめて効率よく前進させることができるのです。
 船員を養成する教育機関では、端艇実習あるいは海技実習と呼ばれるカッターを使った操艇、とう漕、帆走実習が行われています。これらの海技に関する実習を通じて、海上作業に不可欠な責任感と忍耐力、そして全員一丸となって艇を進めるという協調性を身につけ、何事にも負けない精神力を養っています。
 このテキスト・カッター編で解説する主な内容は、オールを使って漕ぐプーリング(Pulling)と風を利用してカッターを進めるセーリング(帆走)についてです。そして、カッターの各部名称、帆走艤装の要領、風の吹いてくる方向とセールの取扱い方(帆走方法)等、安全なプーリングとセーリングを行うための基本事項を示しました。
 四面を海に囲まれ、海に親しむチャンスの多い日本。四季のすばらしさとともに、気象変化の目まぐるしい日本。カッターによるプーリングとセーリングを通して、少しでも自然の偉大さを感じとっていただきたいと願っています。
 偉大さとは、時にはすばらしさであり、また時にはおそれや恐さでもあります。自然との触れ合いにより、自然への思いやり、そして自然環境を保護する精神を大切にしたいものです。
 
1. カッターの構造
 カッターを取り扱う上で、その構造を理解し名称を覚えることは、艇体を整備し、安全な航海を行うために最も基本となることです。艇指揮による適切な号令と適切な判断、そして艇員による素早い動作を行うためには、各部の構造を理解しなければなりません。各項目については、図示した記号によりその位置を把握し、実物を見ながら確認し、それぞれの名称を覚えてください。
 
 
(1)要目
[資料/建造仕様書]
型式 丸底型FRP(強化プラスチツク)艇/FRP:Fiber Reinforced Plastics
全長 6,000m
水線長 5,700m
(設計水線)
最大幅 2,090m
深さ 0.844m
喫水 0.411m <キールから計画水線までの距離>
船体重量 約550Kg <帆走艤装を含む>
軽荷重量 約840Kg <帆走艤装、オール、艤装備品を含む>
総合重量 1200Kg <帆走艤装を含み、大人60kg×2名、小人40kg×6名>
最大重量 1475Kg
セール面積 10.8m2 <メイン・スル8.9m2&ジブ1.9m2:2枚合計>
 
<操艇人員>
大人(12才以上)だけの場合―8人
小人(12才未満)だけの場合―12人
帆走時(大人2名+小人6名)―8名
 
 
 
 
(2)艇体
1. キール 2. キールバンド 3. ステム 4. ステムバンド
5. スタンポスト 6. トランサム 7. ボットム・ボード 8. プランク
9. ガンネル 10. ビルジ・ストレーキ 11. カウンター
12. スウォート 13. スウォート・スタンション 14. マスト・クランプ
15. ヘッド・シート 16. スタン・ベンチ 17. ディッキー
18. ストレッチャー 19. クラッチ 20. ストレッチャー・チョック
21. ローロック 22. ポペット 23. ボットム・プラグ
 
(拡大画像:53KB)
図1.1
 
 
 
(3)舵
24. ラダー 25. チラー 26. ピントル 27. ガジョン
 
(4)オール等
28. ブレード 29. シャフト 30. ルーム 31. グリップ
32. レザー 33. ボートフック
 
 
 
(拡大画像:63KB)
図1.2
 
 
 
(5)セール
34. ヘッド 35. フット 36. ラフ 37. リーチ 38. タック
39. クリュー 40. シート 41. ピーク 42. スロート
43. リーフ・ポイント 44. リーフ・バンド 45. クリングル
46. アイレット・ホール 47. レーシング 48. ブレール
49. タック・ラニヤード 50. ヤード・スリング 51. タック・テークル
52. ジブ・ハンク 53. ヤード
 
(6)マスト
54. マストヘッド 55. フォア・ステイ 56. リギン
57. リギン・ラニヤード 58. メイン・ハリヤード:メイン・スルをあげるための索
59. ジブ・ハリヤード:ジブをあげるための索
60. ガフ(またはヤード)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
41位
(31,092成果物中)

成果物アクセス数
212,639

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年5月18日

関連する他の成果物

1.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(愛知県連盟版)
2.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
3.日本造船学会論文集 第191号及び第192号
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から