日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


コラム
今も昔も同じ形(アバリ)
 アバリは、網針と記すように、網を編んだり補修したりするための道具です。
 右の図(1)は、宮城県里浜貝塚から出土した鹿角製アバリです。全長10.7cm、最大厚0.3cmの大きさで、先端に近いスカシの部分は、一部欠落していますが長さ8mmほどで、太さ2mm前後の細い軸が突き出ていたものと考えられています。また、表面には漢字の「大」みたいな刻みがみられます。これは、所有者を示す記号のようなものと考えられています。きっと貴重なものだったのでしょう。
 房総では昭和30年頃までは主として竹製のアバリが使用されており、木綿や麻で出来た網地を繕うのに使われていました。それ以降はナイロンの網とプラスチックのアバリが使用されるようになり、今に及んでいます。
 このように、縄文時代に登場したアバリは、現在でも同じような形のまま受け継がれているのです。
(高田 博)
 
(1):
鹿角製アバリ(宮城県里浜貝塚出土・図面)「縄文時代の漁業」より
 
(2):
竹製のアバリ(千葉県立安房博物館)
 
コラム
今も昔も同じ形(釣針)
 館山市見物(けんぶつ)の鉈切(なたぎり)神社洞穴遺跡は、縄文時代の波打ち際に位置し、房総の荒波の作用によって作られた海食洞穴を利用した洞穴遺跡です。現在の標高は約20mですが、その後の度重なる地盤の隆起によって段丘上になったためです。
 昭和31年に学術調査され、主として今から4,000年前の縄文時代後期の土器のほか、鹿角製釣針・銛などの漁撈用具が出土しました。南房総の海に臨んだ漁撈を主な生業とした海洋民族の存在を示した遺跡です。
 釣針は鹿の角を加工して入念に形づくられ、大きさは4.8cm〜3.5cmで、「かえり」が外と内にそれぞれ削り出されています。
 縄文時代をとおして、釣針や銛は動物の骨や角などを加工して作られ、時代や地域ごとに様々な種類が豊富に出揃います。また、その強度は現在の鉄製品に引けをとらぬものであるといわれています。現在、私たちは各種釣針を使用しますが、それらは、縄文時代にすでに開発されたものを踏襲しているだけです。
(高田 博)
 
(1):
鉈切神社洞穴(館山市)から出土した縄文時代の釣針(複製品)(館山市立博物館)
 
(2):
現代の釣針
上段:
「かえり」のあるもの
 
 
下段:
「かえり」のないもの
 
 
 
(千葉県立安房博物館)
(左右の写真縮尺不同)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
567位
(30,219成果物中)

成果物アクセス数
16,744

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年9月15日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語
4.「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録
5.「海と船の企画展」図録:海の日フェア
6.「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界
7.「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船
8.「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使
9.「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.体験乗船開催状況
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から