日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

「海と船の企画展」図録:房総の漁?海と川?

 事業名 海事博物館ネットワークの構築
 団体名 日本海事広報協会 注目度注目度5


【川】
 川での釣り漁も、ヘラブナ釣りに代表されるような釣竿を使用しての「釣り」がイメージされますが漁業者の使用する漁具としては、あまり使用されませんでした。
 竿を手に持って釣るのとは異なりますが、ウナギを釣る方法として、ツクシと称する極めて簡便な釣り漁がありました。長さ2m程度の篠竹の先に釣針をつけた釣糸を結び餌をつけて、水底に突き刺しウナギのかかるのを待つという方法です。何本も仕掛けておいて、水面に突き出した篠竹を目印に一昼夜前後に回収するものでした。
 川の釣り漁として最も一般的なのは延縄漁で1カゴ約100mのチチワ(幹縄)に釣針のついた約1mのクチワ(枝縄)50本をつけ夕方適当な場所に餌を付けながら入れておき翌早朝に引き上げてかかった魚をとります。対象魚によって釣針の形状や糸の太さは異なりましが構造は基本的に同じです。ミミズ・ヒルなどの餌を使ってフナ・ウナギ・セイゴ(スズキ)・ボラ・カモチンなどを捕りました。ナガラあるいはナガナワと称していました。ボラのような表層の魚を対象にするときはボラナガシと呼ぶ帆のついた小舟に幹縄を結び、風上から流して釣る工夫もされました。寒鮒を対象とするフナナガラ漁は前夜に仕掛けた縄を早朝引き上げなくてはなりません。200間、300間の縄を引きあげる人の指先は、こごえて真っ赤にはれあがってしまいます。湯桶は手を温める小さな風呂とでもいえるものです。
 
69. ツクシ(千葉県立大利根博物館)
 
66. カモチンナガラ(千葉県立大利根博物館)
 
68. ボラナガラ・67. ボラナガシ(千葉県立大利根博物館)
 
71. 湯桶(千葉県立大利根博物館)







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
566位
(30,263成果物中)

成果物アクセス数
16,888

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年10月13日

関連する他の成果物

1.「海と船の企画展」統一ポスター
2.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
3.「海と船の企画展」図録:豊饒の島の物語
4.「海と船の企画展」図録:海と船と漁労の記録
5.「海と船の企画展」図録:海の日フェア
6.「海と船の企画展」図録:ヤドカリの世界
7.「海と船の企画展」図録:上田毅八郎さんが描く帆船と近代客船
8.「海と船の企画展」図録:朝鮮通信使
9.「海と船の企画展」図録:港町室積の海の写真・資料と船模型展
10.「海と船の企画展」図録:結びの技と道具?帆船時代からの船員の技術?
11.「海と船の企画展」図録:風をとらえて
12.「海と船の企画展」開状況写真
13.体験乗船開催状況
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から