日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【イラク戦争について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/04/04 産経新聞朝刊
【主張】イラク戦争 やはり軸足変えた仏外交
 
 米英によるイラク攻撃に最後まで反対したフランスが、ここへきて軸足を少しずつ移しつつあるように見える。徐々に米英寄りになってきたようなのだ。イラク戦争後をにらんだフランス外交のしたたかさと感心する思いだが、どこか釈然としないものも残る。
 フランスは湾岸戦争のときは、イラクへの武力行使にずっと反対しながら最後には賛成に回り、多国籍軍に参加して大いに存在感を残した。だから、こんども最後の最後には米英側につくと多くの人が読んでいた。
 しかし、そうはならなかった。その間の理由については、超大国・米国への対抗心、国内に多いアラブ圏出身者の存在、イラクでの利権がらみなど多くの指摘がなされたが、結果的に米欧同盟や国連安保理の歴史的分裂をもたらした。
 ところがである。ブッシュ米大統領が先月、イラクへの「最後通告」を発した日に、フランスのレビット駐米大使が、「イラクが生物・化学兵器を使用したら、フランスは態度を変えるだろう」と言いだした。そして、こんどは、ドビルパン外相が一日夜の国内民放テレビで、「(フランスは)この戦争ではわれわれの同盟国、米英側にある」と述べたというのだ。
 もちろん、フランスは、シラク大統領がこれまでも「フランスは反米でも平和主義でもない」と繰り返し、イラクへの武力行使そのものに反対なのではなく、時期、方法が異なるのだとの立場を主張していた。
 だから戦争が始まった以上、「同盟国」の側につくのは当然というのだろうが、フランスのおかげで開戦時期が遅れ、いま四〇度を超す灼熱(しゃくねつ)の砂漠で困難な戦争を強いられているという思いがある米英側のフランスへのわだかまりは簡単には消えまい。
 「国際社会では永遠の敵も永遠の友もいない」とよく言われ、国益に立脚したしたたかな外交は大いに学ぶべきだろう。だが、それにしても、「武士に二言はない」という価値観に親しむ日本にあっては、今回のフランスの動きは、その名高いファッションほどには美しく見えない。フランスの姿勢を歓迎した「反戦・平和・反米」陣営も「欧州情勢は複雑怪奇」と思っていることだろう。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
47位
(28,647成果物中)

成果物アクセス数
178,877

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月25日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【教育問題について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から