日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【イラク戦争について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/03/21 産経新聞朝刊
【イラク戦争】フセイン大統領 国際情勢を誤算 「イラクで死ぬ」道へ
 
 【カイロ=村上大介】世界二位の原油埋蔵量を誇る豊かなイラクを絶え間ない戦乱に巻き込んできた独裁者、サダム・フセイン大統領が最後の時を迎えようとしている。政敵を容赦なく粛清し、国民を監視する恐怖政治で権力維持に執着してきたフセイン大統領。しかし、米国の攻撃から生き残る可能性は極めて少ないとみられ、国外退去の最後通告を拒否して「イラクで死ぬ」(同大統領)道を選んだようだ。
◆絶えぬ戦火招いた指導者
 フセイン大統領は一九六八年に、現在の支配政党バース党がクーデターで政権を掌握するとともに血縁のバクル大統領に引き立てられ政権ナンバー2に就任。一九七九年のバクル大統領引退に伴い、大統領に就任し、名実ともに最高権力者となったが、すでに七〇年代から実質的な権力者の地位を固めていた。
 社会主義とアラブ民族主義の融合を掲げたバース党だが、フセイン大統領の政権掌握以降、同党はさらに独裁傾向を強め、ついには個人崇拝の道具へと成り下がった。さらに大統領は、秘密警察などの治安機関を駆使した国民監視と極端な一族支配で、欧米の研究者や反体制派からは「恐怖の共和国」と表現される支配体制を構築した。
 バース党支配以前からクーデターや暗殺など権謀術数が渦巻いたイラクで権力者として君臨するには、たぐいまれな生存本能と現実感覚が必要とされたはずだが、フセイン大統領は大統領就任からわずか一年二カ月後の一九八〇年、イスラム革命(七九年)が起きた隣国イランに侵攻。国内多数派のイスラム教シーア派住民への革命波及を警戒しただけでなく、同じくイランを警戒する米国とも接近し、アラブ世界に対しては一気に「盟主」の地位を確立するという計算があったことは間違いないだろう。
 確かに一時的には米国との“蜜月”を迎え、シリアをのぞくアラブ各国はイラクを支援したが、戦争は八年間の長期におよび泥沼化し、イラクは多額の負債を抱える債務国に転落した。九〇年八月のクウェート侵攻は、大統領の誤算に拍車をかけた。最大の債権国であるクウェートと債務返済の対立を一気に解消する狙いも「米国は黙認する」との読みがはずれ、ぶざまなクウェート撤退を強いられただけでなく、国民をその後、十二年に及ぶ国連経済制裁で苦しめる結果となった。
 ただ、パレスチナ問題を大義に掲げ、イスラエルを後押しする米国との「対決」を演出しては瀬戸際戦術で生き延びるフセイン大統領の姿勢は、アラブ民衆から「英雄」と支持を集めた。しかし、これも米国が多数の米兵の犠牲覚悟でイラク進攻にまで踏み込むことはないとの前提に立ったアラブ世界や国民向けのショーだったといえる。
 イラクの政権交代を公言するブッシュ米政権の圧力で国連査察を無条件で受け入れ、過去と比較にならないほどの“協力姿勢”を示したが、それでも査察の引き延ばし戦術で最後まで米国の攻撃のタイミングをはずす駆け引きを続けた。
 フセイン大統領の二十四年に及ぶ治世のほとんどが戦火に彩られ、その根底には国際情勢に対する大統領の「誤算」に続く「誤算」がある。アラブ・イスラム世界は米国のイラク攻撃に対し、同胞イスラム教徒として強い拒絶反応を示すことになろう。しかし、「イラクで死ぬ」ことを選んだフセイン大統領が将来、「アラブの英雄」として人々に記憶される保証はもはやないだろう。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
47位
(28,943成果物中)

成果物アクセス数
179,143

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年7月8日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【教育問題について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から