日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【イラク戦争について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/02/21 産経新聞朝刊
【産経抄】
 
 「しかし、だからといって・・・」というのが、いま日本のマスコミ(とくに多くの新聞)論調の決まり文句になっている。まやかしでへっぴり腰で偽善の常套(じょうとう)句といっていい。もっといえば右顧左眄(うこさべん)用語であり、世論迎合言葉なのである
 ▼たとえば、イラクは大量破壊兵器を隠している疑いがあり、国連査察の目をくらませているふしが強いことは認めている。イラクに非があることを認めていながら、「しかし、だからといって」武力行使をしたり、軍事行動を起こしたりしてよいとはならぬ、というふうに論旨を進める
 ▼またたとえば、北朝鮮が核武装を構想し、北東アジアが重大な事態になっていることは認める。それでいながら「しかし、だからといって」性急な対応は好ましくない、話し合いを進めよというぐあいに議論を落としていく
 ▼そういう新聞はイラクへの制裁や懲罰にわざわざ「イラク戦争」という詐術的表現を用いる。戦争とくれば、けんか両成敗やどっちもどっちという印象を与え、反戦運動が誘導されていく。反戦とくれば、だれもが反対しにくい。反戦デモが起これば待ってましたとばかり大々的に報道するのである
 ▼しかし東西冷戦の谷間で起きた八〇年代の反戦・反核運動の多くは、ソ連が画策した反米運動だったことは常識ではないか。進歩的文化人が総動員され、マスコミは謀略にまんまと乗せられた。その苦い教訓が全く生かされていないのはどうしたわけだろう
 ▼マスコミは世論につれ、世論はマスコミにつれで二人三脚のように合唱し、“反戦の波、地球を回る”などとはしゃいでいる。二人の独裁者がにんまりほくそ笑んでいるのに気がつかない。あるいは気がつかないふりをしているのである。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
47位
(28,844成果物中)

成果物アクセス数
179,023

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年5月20日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【教育問題について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から