日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【イラク戦争について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/01/30 産経新聞朝刊
【主張】米一般教書 支持できる決意と冷静さ
 
 ブッシュ米大統領の一般教書演説は、国内経済の足元を固めながらイラクをたたく決意と周到な配慮に満ちていた。特に、敵の邪悪な政権には容赦せず、自由を志向するその国民には支持を表明するという妥当な内容だった。
 ブッシュ政権と米国民が置かれている緊迫した精神状況は、米中枢同時テロ以来、少しも変わっていない。米本土がテロの標的になり、抑止力の効かない敵対国が大量破壊兵器で脅しをかけてくれば、政府には国民の生命と財産を守る義務が出てくる。
 従って、同時テロを受けた前回の一般教書で大統領は、イラク、イラン、北朝鮮を「悪の枢軸」と定義して、テロを支援する敵の姿を国民に明示した。しかし今回は一転して、国内の経済不安やフランス、ロシア、中国の攻撃慎重論に配慮して、政治レトリックを慎重に排除しながら「なぜいまイラク攻撃か」の説明に力点をおいた。
 政治目標はあくまで、米国と文明社会の脅威となる独裁者サダム・フセイン大統領の打倒であり、倒すためには内外の反対因子を取り除かなくてはならないとの判断からであろう。
 大統領はまず、父親のブッシュ元大統領が湾岸戦争に勝利しながら経済の低迷に足をすくわれた経験を踏まえ、先に発表した総合経済対策に詳細に言及して「戦争傾斜」批判をかわしている。対外政策についても、「星条旗が力や国益以上のものを意味している」として、人間の尊厳のためにアフリカでのエイズ対策など米国人ボランティアの奉仕を期待し、ブッシュ政権が発足した際に掲げた「思いやりのある保守主義」を再現していた。
 その上で演説は、情報機関の現地情報や通信傍受によりフセイン政権がテロリストをかくまい、兵器開発を手助けしているとし、対イラク戦争の「攻撃正当化の根拠が希薄」との疑問にこたえようと試みた。「なぜいまか」の説明が十分でなくとも、その第一弾として姿勢は評価できる。
 この演説で大統領は、米国民は他者の自由のために「犠牲を払う」と述べ、唯一の超大国としての責務を明確にした。演説は北朝鮮に対しても、秘密の核開発計画で「世界をだました」と厳しく非難しており、北朝鮮は心して耳を傾けるべきである。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
46位
(28,631成果物中)

成果物アクセス数
178,854

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年3月18日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【教育問題について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から