日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【イラク戦争について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2003/03/22 毎日新聞朝刊
[社説]強い米国の独走 この難題をどう解決するか
<イラク戦争と世界>
 米英軍によるイラク攻撃は異例で、21世紀の世界の方向を規定する可能性が大きい。世界が20世紀後半に作り上げたさまざまなルールの枠に必ずしも収まらない。だからといって否定して済むものでない現実がある。
 考えなければいけないことが山ほどある。見る目によってこの戦争の意味合いは全く異なる。戦争といえるのかどうかさえ疑問符がつく。この困惑はどこからきているのか。おそらくアメリカの独走を結局はだれも止められない現実を前に、国民国家という現代の確固たる枠組みやそれを基本にした世界の枠組みへの信頼性の減退、世界同時に把握できる人々の意思と政府という存在の意思とのあまりもの乖離(かいり)、理不尽対理不尽の戦い、そんなものが底流にあるのだろう。
 この戦争に賛否だけを唱えてもわれわれがこの先の世界を自分たちのものにできないのではないかと思えてくる。賛否論とは別に、さまざまな視点からこの戦争への主張をシリーズで検証する。
 この戦争を「湾岸戦争エピソード2」と映像の世界と見事にダブらせた捕らえ方がある。深刻さを拒否し現象だけを的確に言い当てるIT(情報技術)社会の目を象徴している。その伝だとフセイン政権が国連決議を無視し続けたことに今回の爆撃の理由がある。しかし昨年でもなく来年でも来月でもなくなぜ今なのかは、ブッシュ政権がそう決めたからだ。
 フランスがアメリカの妥協できない線で押し続けたことや、世界中で反戦デモが火を噴いたことが開戦を早めたのかもしれない。昨年9月から営々と30万人にまで軍を膨らませてきた米英の準備行動は世界の目の前で行われていたのに、そのことを直接やめろといった国も組織も聞かない。30万人集まってから使うなというのも歴史的経験からは相当無理がある。結局自分の都合で行動するのはアメリカに限ったことではない。
 悪い側にいるはずのフセイン大統領に対して辞任要求するデモはなく、反米・反戦のデモだけが圧倒的に多かったのはなぜか。実利的に真に戦争を避けたいならフセイン辞任要求デモのほうが有効ではなかったのか。枠を越えようとしたアメリカに枠内にいては勝てないのではないだろうか。
 開戦になったのはイラクが変わったのではなくアメリカが変わったからだ。今では2番目の追随を許さない一国だけ圧倒的に強いアメリカに世界は恐怖を抱き始めているのではないだろうか。もうだれも抑えられない強すぎるアメリカの行動は自己抑制しかないのか。だとしたらこれからどうやってアメリカが間違った場合それを正すシステムを実現すればいいのだろうか。
 株や経済から見れば、どこも政府というものはどうして得にもならない乱暴を好むのか。何でもいいから早く終わってくれとしかいいようがない。そう見る世界は非常に大きいのだ。
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(29,244成果物中)

成果物アクセス数
179,551

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年12月9日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【教育問題について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から