日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 社会科学 > 政治 > 成果物情報

私はこう考える【イラク戦争について】

 事業名 組織運営と事業開発に関する調査研究
 団体名 日本財団(The Nippon Foundation  


2002/10/07 毎日新聞朝刊
[グローバル・アイ]米欧の亀裂 歴史を変えるのは力か
石郷岡建
 
 イラク攻撃に関する米欧の対立は、予想以上に深刻なのかもしれない。
 ドイツでは、対イラク戦争反対の立場を打ち出したシュレーダー首相率いる社会民主党連立政権が総選挙に勝利した。英国では、かつてない規模の反戦デモが繰り広げられ、ブレア労働党内閣は分裂状態だ。
 米軍のイラク進攻が始まれば、しょせん、欧米諸国は米国に追従せざるを得ないとのさめた意見もある。その一方で、ミサイル防衛を進め、先制攻撃の軍事ドクトリンを打ち出し、京都議定書や国際刑事裁判所を無視する米国への不信感は強い。
 欧米はもはや共通の価値観を持っていないとの疑問も出されている。
 ソ連崩壊により、「歴史の終わり」がやってきたと主張した米哲学者フランシス・フクヤマ氏は「もはや、西欧という概念はない」との考えを発表した。
 同氏によれば、欧州統合など主権国家の枠を超えた国際共同体の国際秩序を考える欧州と、あくまで主権国家の価値観を重視する米国との間には「民主的正当性」について、越えがたい溝ができたという。
 また、米国のニュー・ライト(新保守主義)の論客で、米カーネギー財団のケーガン氏は、もっと過激に、「米欧は別の世界に住んでいる」と主張した。
 同氏によれば、欧州は法と秩序を信仰する「カント(独哲学者)的な恒久平和」の世界に住む。
 一方、米国は平和の維持は軍事力にあるとする「ホッブズ(英思想政治家)的闘争」の世界に住む。
 例えていえば、米国は西部開拓時代の無法地帯に活躍する保安官(シェリフ)。欧州はその無法地帯にエアポケットのように存在する酒場の主人。無法者に酒を与える主人は、撃ち合いは酒場の外でやってほしいと思っている。
 ケーガン氏は、世界を支配するのは軍事力であり、力こそが歴史を作ると主張する。そして、欧州も、つい最近までは、力で支配をしてきたが、その力が衰えたため、法と秩序の「平和史観」を打ち出したと説明する。さらに、欧州は無法者に立ち向かう意志がなく、結局、保安官に頼らざるを得ない「虫のいい立場」だと批判する。
 ケーガン氏の主張は、ブッシュ政権内部の強硬派の立場に近い。米政権内部には別の立場の人々もいないわけではない。
 それでも、ブッシュ米政権の主流はケーガン流のパワー史観になりつつある。「力こそ平和だ。ならず者はやっつけろ」という声が鳴り響く。
 世界の歴史を変えるのは力か、それとも別の手段があるのか?
 米欧の亀裂はひとごとではない。
(外信部編集委員)
 
 
 
 
※ この記事は、著者と発行元の許諾を得て転載したものです。著者と発行元に無断で複製、翻案、送信、頒布するなど、著者と発行元の著作権を侵害する一切の行為は禁止されています。








サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
48位
(29,202成果物中)

成果物アクセス数
179,390

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年10月14日

関連する他の成果物

1.私はこう考える【北朝鮮について】
2.私はこう考える【中国について】
3.私はこう考える【ダム建設について】
4.私はこう考える【死刑廃止について】
5.私はこう考える【公営競技・ギャンブル】
6.私はこう考える【天皇制について】
7.私はこう考える【国連について】
8.私はこう考える【自衛隊について】
9.私はこう考える【憲法改正について】
10.私はこう考える【教育問題について】
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から