日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

レーダー講習用指導書(機器保守整備編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


8・3・2 TR管の交換
(1)送受信機を空中線部ペデスタルから外して、しっかりした台の上に置いてから交換すること。
(2)受信機の取付けねじを少し緩める。
(3)キープアライブ電圧がかかるキャップを外したのち、TR管を貫通しているねじを外す。(図8・5参照)
 
図8・5
 
(4)上記と逆の順序で新品と交換する。
(5)TR管の〔MIXER〕表示のある側を受信機側にする。(図8・6参照)
 
図8・6
 
注意
1. TR管には方向性があるので注意すること。
2. TR管を交換するとき、落とさないよう十分注意すること。
3. TR管には放射性物質(ストロンチウム)が封入されている。もし破損した場合には、破片等には直接手を触れないで、ピンセット等で処理すること。
 
8・3・3 クリスタルダイオードの交換
注意
1. クリスタルダイオードは、強電波、高電圧、機械的な衝撃に対して弱いので、交換の際は十分注意すること。
2. 二本のマイクロ波ダイオードを使用している場合には、それぞれの極性が異なるので交換のとき間違えないようにすること。
3. 原則としてマイクロ波ダイオードは二個一組で交換すること。(ただし、二本のマイクロ波ダイオードを使用している場合のみ)
4. マイクロ波ダイオードの良否の判定は難しいが、一応は回路試験器(テスタ)による抵抗値の正逆比で判定する。
 回路試験器(テスタ)のレンジRX−100にて正方向300Ω以下、正逆比20倍以上を一応の合格基準とする。
 
(1)クリスタルダイオードの押さえ金具を回転させる。(図8・7参照)
(2)クリスタルダイオードを抜く。(図8・7参照)
 
図8・7
 
注意
 クリスタルダイオードを落とさないこと。
 
(3)上記と逆の方法でマイクロ波ダイオードを交換する。(図8・8参照)
 
図8・8
 
(4)交換後、機器を動作状態とし、約10分後テスタにてXTAL電流(電圧)の読みを確認する。必要なら取扱説明書に従って〔XTAL〕電流の読みが正常になるよう調整する。(図8・9参照)
 
図8・9







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
115位
(30,263成果物中)

成果物アクセス数
105,549

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年10月13日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)
3.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
4.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
5.無線設備講習用指導書(法規編)
6.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
8.船舶電気装備資格者名簿
9.初級講習用指導書(電気装備概論編)
10.初級講習用指導書(電気機器編)
11.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
12.中級講習用指導書(電気計算編)
13.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
14.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
15.中級講習用指導書(試験検査編)
16.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から