日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

レーダー講習用指導書(機器保守整備編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


第8章 点検整備と保守上の注意
 
 点検整備と保守上の注意事項については、各機器の取扱説明書に詳細にわたり記載してあるので、必要のある場合は当該書によることとし、ここでは共通と思われる要点について述べる。
 
8・1 一般的保守と点検
 レーダーの性能を維持し、最良の状態で使用し、故障を未然に防ぐためには、若干の手入れを行う必要がある。また、装置の動作状態を絶えず良好に保つように注意しなければならない。
 
作業上の注意
1. 空中線部や送受信部の保守、点検中に電源を入れられると危険なので、本船配電盤のレーダー用電源スイッチとレーダー表示器の操作パネル上の〔POWER・電源〕スイッチを〔OFF・断〕にして、表示器操作パネルと空中線マストの下部に〔作業中〕という注意表示をすること。
2. 保守内容とその順序を十分理解してから行うこと。
3. 調整方法に書いてない調整器は絶対に回さないこと。
4. 作業完了のときは、その内容をレーダー日誌に詳細に記録しておくこと。
5. 高圧部分には、電源スイッチを断にしても、CRTの陽極に高電圧が帯電している場合がある。したがって、手を触れる前にCRTの高圧キャップを陽極から外し、アースリードを用いてCRTの陽極と高圧キャップ電極に蓄積された電荷を表示器箱体(アース)等に接地し、残留電荷を放電させること。
6. 各ねじ類の緩みに注意して増し締めし、室外部分は防水について十分に配慮すること。
 
(1)箱体、機内の清掃
 各ユニットの箱体のほこり、ごみ等はできるだけ乾いた布で清掃すること。特に通気口は綿ごみ等で目づまりを起こさないように電気掃除器等で吸い取り又は吹き飛ばしながら柔らかい筆等で清掃をする。特に端子盤や部品密度の高いところに綿ごみが着いたら入念に取り除き、汚れているところはアルコール等でぬぐい取る方がよい。また、高圧を使用しているブラウン管の周辺やマグネトロンの周辺は細かいごみが着きやすいので、入念に清掃する。
(2)プリント基板の点検
 プリント基板は動作点検のほかに、プリント基板面や部品のリード線等に腐食や破損がないかを点検する。
(3)ねじの増し締め
 端子盤のねじ、部品取付けねじ等にゆるみがないか点検し、必要があれば増し締めを行う。また、ヒューズホルダーに緩みがないか点検する。
(4)結線と接栓類の点検
 機内接続用電線、接栓及びユニット間の規格電線等を点検し、絶縁不良や断線の原因となるものはないか調べる。
(5)湿気の多い場合の点検
 高圧回路においては、ほこりが空気中の水分を吸収して、放電事故を起こすことがある。これを防止するにはほこりを取るのが第一であるが、空気中の湿気が高いと思われるときはレーダーに電源を入れ放しにして乾燥させるよう心掛けた方がよい。点検により水滴を見つけたり、部分的に水をかぶったときは乾いた布で十分にふきとり、電気掃除器で空気を吹きつけて乾燥させ、各部を点検しながら通電する。
 
8・2 各ユニットごとの点検と保守整備
 本節の以下の各項については、装備艤装工事編に詳しく述べられているのでこれを参照されたい。なお、以下の各項目には、装備艤装工事編の該当項目番号のみを記入する。 
8・2・1 空中線部・・・装備艤装工事編の第4章4・3節を参照のこと。
8・2・2 導波管と同軸管・・・〃 〃 4・4節 〃
8・2・3 送受信部・・・〃 〃 4・5節 〃
8・2・4 表示部・・・〃 〃 4・6節 〃
8・2・5 電源部・・・〃 〃 4・7節 〃
8・2・6 ジャイロコンパス及びスピードログからの入力・・・〃 〃 4・8節 〃
8・2・7 航海用レーダーの効力試験(機能及び動作試験)・・・ 〃 〃 4・9節 〃
8・2・8 自動衝突予防援助装置の効力試験 4・10節 〃
 
8・3 主要部品の交換と交換の際の注意
注意
1. 部品の交換は〔POWER・軍源〕スイッチを〔OFF・断〕にしてから行うこと。
2. 特殊部品(マグネトロン、TR管、ガン発振器、CRT)を交換する際は必ず〔POWER・電源〕スイッチ〔主電源スイッチも〕を切ってから行うこと。
3. 高圧部分は手を触れる前にドライバー等で接地し、残留電荷を放電させること。
 
8・3・1 マグネトロンの交換
(1)送受信機を空中線部ペデスタルから外して、しっかりした台の上に置いてから交換すること。
(2)送受信機のシールドケースを外す。
(3)マグネトロンのヒーターのプラグとアース間をリード線やドライバー等で短絡する。(図8・1参照)
 
図8・1
 
(4)ヒータープラグを押し気味に反時計向へひねって抜き取る。(図8・2参照)
 
図8・2
 
(5)マグネトロンを固定している6本のねじを緩め、マグネトロンを取り外す。(図8・3参照)
 
図8・3
 
注意
1. マグネトロンは強力な磁石が付いているので、帯磁を嫌うものを近づけないこと。
2. マグネトロンを落下させないように確実に保持すること。
 
 
(6)上記と逆の手順により、新品を取り付ける。ヒータープラグは確実に止め、さらに抜け落ちないことを確認すること。また、アースバンドは、板ナットとマグネトロンの間に挟み込むこと。(図8・4参照)
 
図8・4
 
注意
1. マグネトロンを交換してから、初めてレーダーを動作させるときは、電源スイッチを〔STANDBY・準備〕の位置にして、予熱時間を30分とってから、〔ON・動作〕にすること。長期間保管したマグネトロンを使用する場合は、予熱時間は少なくとも30分以上とること。
2. マグネトロンの交換は、できるだけステンレス製工具を使用すること。
 鉄製工具はマグネトロンの減磁の原因となる。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
115位
(30,263成果物中)

成果物アクセス数
105,549

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2018年10月13日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)
3.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
4.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
5.無線設備講習用指導書(法規編)
6.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
8.船舶電気装備資格者名簿
9.初級講習用指導書(電気装備概論編)
10.初級講習用指導書(電気機器編)
11.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
12.中級講習用指導書(電気計算編)
13.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
14.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
15.中級講習用指導書(試験検査編)
16.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から