日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

中級講習用指導書(電気計算編)

 事業名 船舶の電気装備に関する技術指導
 団体名 日本船舶電装協会 注目度注目度5


(3)短絡電流計算例
(a)A点における短絡電流(G1+M系統)
 この短絡電流の計算は発電機G2系ACB2の遮断容量を評価するために行なう。
(拡大画面:8KB)
 次の値を計算するためには、図3.2において短絡力率0.125からMP、MA、MNの値を求めてから行なう。
三相対称短絡電流実効値 Isym(rms) ×100=5,136〔A〕
非対称最大電流尖頭値 Imax=5,136×2.37=12,173〔A〕ただしMP=2.37
非対称三相平均電流実効値 Iasym=5,136×1.20=6,123〔A〕ただしMA=1.20
非対称最大電流実効値 Iasym(rms)=5,136×1.38=7,088〔A〕ただしMN=1.38
永久短絡電流(発電機1台分) Is=642×3.5=2,247〔A〕ただし励磁用CTの飽和を3.5PUとする。
 
(b)B点における短絡電流(G1+G2+M系統)
 この短絡電流の計算は短絡点B系統のMCB1の遮断容量を評価するために行う。
(拡大画面:9KB)
 次の値を計算するためには、図3.2において短絡力率0.144からMP、MA、MNの値を求めてから行う。
短絡電流
Isym(rms) =8,759〔A〕
Imax=8,759×2.32=20,321〔A〕ただしMP=2.32
Iasym=8,759×1.18=10,336〔A〕ただしMA=1.18
Iasym(rms)=8,759×1.34=11,737〔A〕ただしMN=1.34
 
(c)C点における短絡電流(G1+G2+M+T系統)
合成インピーダンス %=(1.06+j7.25)+(1.7+j0.20)+(20.1+j18.8)
+(0.62+j0.099)=23.48+j26.35〔%〕
%Z=35.3〔%〕
短絡回路の力率 cosθ= =0.66
 次の値を計算するためには、図3.2において短絡力率0.66からMP、M、MA、MNを求めてから行う。
短絡電流
Isym(rms) =1,818〔A〕
Imax=1,818×1.54=2,799〔A〕ただしMP=1.54
上記の値を105V電圧に変換すれば
Isym(rms)=1,818× =3,895〔A〕
Imax=2,799× =5,997〔A〕
〔例題〕ある変電所で合成インピーダンス0.4〔%〕(10,000〔kVA〕基準)の所に布設する遮断器に必要な遮断容量〔MVA〕はいくらか。
(拡大画面:6KB)
(1)遅れ力率0.65、三相400〔kW〕の負荷の力率を0.9に改善するに要する電力用コンデンサの容量〔kVA〕を計算によって求めよ。
(2)電圧100〔V〕の回路に力率0.55、容量330〔W〕の負荷がある。いまこれに進相用コンデンサを取付けて力率を0.85に改善した。進相用コンデンサを取付けることによって皮相電力はどれほど減少したか。
(3)三相配電線路において力率0.8(遅れ)なる240〔kW〕の三相平衡負荷がある。負荷側端子電圧3,000〔V〕、配電線1条の抵抗が3〔Ω〕、そのリアクタンスが2〔Ω〕であるとき、送電側端子電圧は何〔V〕か。
(4)電灯負荷を供給している次の図のような単相二線式低圧配電幹線ADがある。A、B、C、Dの各点の負荷電流及び負荷点問の距離は図のとおりとする。いまこの低圧幹線中の一点Fから供給するものとし、FA及びFD間の電圧降下を同一にするようなF点の位置を求めよ。ただし電線の太さはAD間を通じて一様に往復電線1〔m〕の抵抗をr〔Ω〕とし、また電線のリアクタンスは無視するものとする。
(5)配電回路の短絡電流計算方式にはいろいろあるが、目安として算定する交流回路の場合につき示せ。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら

日本財団図書館は、日本財団が運営しています。

  • 日本財団 THE NIPPON FOUNDATION



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
35位
(35,327成果物中)

成果物アクセス数
265,690

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2022年11月26日

関連する他の成果物

1.初級講習用指導書(電気艤装工事編)
2.レーダー講習用指導書(機器保守整備編)
3.レーダー講習用指導書(船舶自動識別装置、航海情報記録装置、衛星航法装置編)
4.無線設備講習用指導書(基礎理論編)
5.無線設備講習用指導書(艤装工事及び保守整備編)
6.無線設備講習用指導書(法規編)
7.船舶電気設備関係法令及び規則(強電用)
8.船舶電気設備関係法令及び規則(弱電用)
9.船舶電気装備資格者名簿
10.初級講習用指導書(電気装備概論編)
11.初級講習用指導書(電気機器編)
12.初級講習用指導書(電気工学の基礎編)
13.中級講習用指導書(電気装備技術基準編)
14.中級講習用指導書(電気艤装設計編)
15.中級講習用指導書(試験検査編)
16.レーダー講習用指導書(基礎理論編)
17.レーダー講習用指導書(装備艤装工事編)
18.平成14年度海事国際条約・船舶安全コース研修実施報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から