日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

会報「中小型造船」 No.350

 事業名 基盤整備
 団体名 日本中小型造船工業会 注目度注目度5


日本財団補助・助成事業成果物の紹介
 次の出版物等は当会において作成、実費頒布しておりますので、購入希望者は事務局までそれぞれの代金を添えてお申し込み下さい。
 価格は特に明記のないものは送料を含んでおります。( )内は会員外頒布価格です。
 ご送金は下記銀行口座にお願いします。
みずほ銀行虎ノ門中央支店 普通預金 口座番号535944 口座名義(社)日本中小型造船工業会
 
1. 英・仏文標準契約書
図書名 価格(円) 備考
英文標準契約書
〃(日本語訳)
英文及び日本語訳版は在庫無し 但し希望者にはコピーにて実費頒布可 昭53.9改訂
仏文標準契約書 5,000(10,000)
 
2. 英文標準仕様書
図書名 価格(円) 備考
英文標準仕様書 英文版は在庫無し 但し希望者にはコピーにて実費頒布可 昭54年度改訂
〃(日本語訳) 5,000(10,000)
〃(解説) 1,800(3,600)
 
3. パソコン用船舶計算プログラム
ソフトウェア名 使用権許諾料(円)
基本パッケージ
 排水量計算、タンク容積計算、重量重心トリム計算、静水中復原性計算、波浪中復原性計算、縦強度計算
600,000
(1,200,000)
800,000
(1,600,000)
拡張パッケージ
 損傷時復原性計算(タンカー及び乾貨物)
300,000
(600,000)
 
4. 小型船関係指導書等
図書名 価格(円) 備考
FRP船技術指導者総合編(改訂版)
   〃   材料編(改訂版)
   〃   設計編I(改訂版)
   〃   設計編II(改訂版)
4,000
3,500
4,000
4,000
平8.3改訂
平5.12改訂
平7.9改訂
平6.12改訂
小型FRP船型用馬力推定図表 3,000 昭56.9作成
小型FRP船型用高速域馬力推定図表 3,000 昭56.9作成
アルミニウム合金船建造技術指導書 設計編(改訂版) 5,000 平8.12改訂
FRP製船舶の構造並びに諸標準の調査研究総括版 3,000 昭55.1作成
溶接技術指導書 3,000 昭57.6作成
199トン型内航貨物船の省エネ船型等の研究報告書 3,000 昭61.3作成
FRP造船業安全衛生・環境指導基準 1,000 平10.12作成
9.9トン型いか釣漁船の基本設計 2,000 昭55.10作成
造船現図指導書−現図展開−
   〃   −原寸型・定規−
   〃   −数値現図−
4,000
4,000
4,000
平10.6作成
平10.9作成
平11.9作成
高速船構造基準計算シート(Microsoft Excel版FD、Lotus1−2−3版FD) 3,000 平9.4作成
(非会員の場合は別途送料を申し受けます。)
 
5. 作業環境整備のための調査研究事業報告書
図書名 価格(円) 備考
作業環境整備のための調査研究事業報告書
(シンクロリフト)
20,000(40,000) 平10.2作成
作業環境整備のための調査研究事業報告書
(カバードドック)
20,000(40,000) 平11.2作成
 
6. 海外における造船・海運動向レポート
図書名 価格(円) 備考
海外における造船・海運動向レポートI
(アジア・大洋州編)
2,000(40,000) 平10.2作成
海外における造船・海運動向レポートII
(アフリカ・アメリカ編)
20,000(40,000) 平11.1作成
海外における造船・海運動向レポートIII
(ヨーロッパ・旧ソ連編)
20,000(40,000) 平12.1作成
(注) 調査対象国は次の通りである。
レポートI(アジア・大洋州編):
  アラブ首長国連邦、イラク、イラン、インド、インドネシア、オマーン、クウェート、韓国、サジジアラビア、シンガポール、スリランカ、タイ、中国(含香港)、台湾、トルコ、パキスタン、バングラディッシュ、フィリピン、べトナム、マレーシア、ミャンマー、オーストラリア、ニュージーランド、太平洋諸島(含パプアニューギニア)
レポートII(アフリカ・アメリ力編):
  アルジェリア、エジプト、ガーナ、ギニア、ケニア、コートジボアール、シェラ・レオーネ、スーダン、セネガル、タンザニア、チュニジア、ナイジェリア、マダガスカル、南アフリカ共和国、モロッコ、リビア、リベリア、モーリタニア、力ナリー諸島、米国、カナダ、グァテマラ、トリニダッド・トバコ、メキシコ、アルゼンチン、ウルグァイ、エクアドル、コロンビア、チリ、パラグァイ、ブラジル、ベネズエラ、ペルー
レポートIII(ヨーロッパ・旧ソ連編):
  アイスランド、イギリス、イタリア、オーストリア、オランダ、ギリシャ、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ドイツ、ノルウェー、ハンガリー、フィンランド、フランス、ブルガリア、ベルギー、ポーランド、ポルトガル、ユーゴスラビア、ルーマニア、ウクライナ、カザフスタン、ロシア連邦
 
7. 英・仏文設計資料
 当会では商談用の各種船型の設計資料を整備していますので、ご希望の向きは事務局業務部までお問い合わせ下さい。
 
8. 中型高速RORO船の調査研究
 ノーマライゼーション及びモーダルシフト等の社会的要請に応え人に優しい中型高速RO−RO船の開発を日本財団の補助事業として平成5年度から3ヶ年計画で実施し、モーダルシフト及びノーマライゼーションの推進パンフレット及び設計指針を作成しました。
 なお、同調査研究の概要については会報No.300(1996年4月号)を参照下さい。
 
9. 軽量化中型高速フェリーの調査研究
 交通機関の高速化に対する需要の高まりや海洋環境保全等の社会的要請に対応した次世代の中型高速フェリー(旅客定員272名、トラック25台、航海速力30ノット)の開発を日本財団の補助事
業として平成8年度から2ヶ年計画で実施し、同フェリーを建造するための設計指針及びPR用パンフレットを作成しました。
 なお、同調査研究の概要については会報No.315(1998年4月号)を参照下さい。
 
10. 中型高速コンテナ船の設計技術高度化に関する調査研究
 物流構造の変化に対応した中型高速コンテナ船(全長約130m、コンテナ約500TEU、航海速力22kt)の開発を日本財団の助成事業として平成10年度から3ヶ年計画で実施し、同コンテナ船を建造するための設計指針及び中型造船業へのCIM導入のための指針を作成しました。
 なお、中型造船業へのCIM導入のための指針については会報No.342(2001年5月号)を参照下さい。
 
 去る8月26日、当会副会長檜垣孝則氏(今治造船(株)代表取締役副社長)が心筋梗塞のため逝去されました。同氏は、今治造船グループの幹部として同社を世界有数の造船所に育てあげる傍ら、平成10年5月には推されて当会副会長に就任され、また、地域の諸団体の要職を歴任されるなど、斯業はもとより地域経済の発展や雇用の安定に貢献されました。ここにご生前のご功績を偲び、心からご冥福をお祈り申し上げます。
 さて、国土交通省は、平成15年度予算の概算要求で「低環境負荷型外航船(グリーンシップ)」構想を明らかにしました。平成13年度から開発が進められている「スーパーエコシップ」が内航海運の活性化や環境負荷の低減等を目的としているのに対し、「グリーンシップ」はノンバラスト船と帆走船の開発を通じて外航海運の活性化、環境負荷の低減等を図ろうというものです。環境に優しい輸送機関である船舶の特性がさらに向上し、海運・造船の振興に繋がるものと期待されます。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,848位
(31,497成果物中)

成果物アクセス数
4,420

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年10月12日

関連する他の成果物

1.会報「中小型造船」 No.349
2.会報「中小型造船」 No.351
3.会報「中小型造船」 No.352
4.会報「中小型造船」 No.348
5.Ship&Ocean Newsletter No.40?No.63
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から