日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

米国における船舶のバリアフリー化推進に関する調査

 事業名 造船関連海外情報収集及び海外業務協力事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


3. バリアフリー化推進のための旅客船事業者の取り組み
A. はじめに
 
 アクセス委員会のPaul Beatty氏によると、旅客船事業者はADA要求への対応に関して、リスク管理手法を使用しているという。旅客船の設計者および事業者は、新しい船舶を建造する際には、可能な限りADAAG-Rに従い、船舶のバリアフリー化を進めている。
 
 また、既存の船舶については、アクセシビリティの基準を達成すべきかどうか、そして達成すべきとすれば、いつどのように達成するかを判断するために、民間建築物所有者が既存の建物に対して実施してきた方法を採用している。
 
 旅客船事業者は、まず新しい船舶にアクセシビリティ機能が必要であるかどうかを検討し、必要でなければ、一般的に新しい船舶に必要とされないものが既存の船舶に求められることはないので、既存の船舶には必要ないと考える。新しい船舶にアクセシビリティ機能が必要であれば、船舶所有者は既存の船舶をいつ改善すべきか判断する必要がある。その際、互いに独立した3つの要因に基づいて判断する場合が多い。
 
 第1の要因は、作業範囲、つまりバリアフリー化のために必要な改造の範囲である。基本的には、手を加える範囲が改造範囲になる。たとえば、ADAAGにはカーペットに関する規定がある。したがって、バリアフリー化が求められるスペースに新たにカーペットを敷く場合は、規定に適合したカーペットを取り付ける機会と考えられる。また、誰かが吹き上げ式水飲み器を壊して、これを交換する場合も、規定に適合した吹き上げ式水飲み器を取り付ける機会と考えられる。つまり、大まかに言えば「手を加えるものは直す」ということになる。
 
 第2の要因は、不適合な機能のバリアフリー化がどの程度「容易に達成可能」かである。「容易に達成可能」とは、簡単に装備できる、つまり大きな困難や支出を伴わずに実施できる(つまり安くて簡単)という意味である。
 
 第3の要因は、所有者が15人以上従業員を雇っているかどうかである。従業員数が15人以上であれば、障害を持つ従業員のために(必要性が生じている場合)、そして障害を持つ求職者のために(今後の障害者が求職する場合に備えて)妥当な設備を整えることが求められる。ただし、Beatty氏によると、この第3の要因によって船舶事業者がバリアフリー化を決定することは滅多にないという。乗員の仕事のほとんどは、障害がないことが必要とされるからである。
 
 同氏は、このような方法によってクルーズ船事業者が既存の船舶を改造してバリアフリー化した例を実際に多数見てきたという。
 
B. 旅客船事業者
 
 米国には、大手旅客船事業者を代表する協会が2つある。
 
 International Council of Cruise Lines (ICCL)は、Carnival Cruise Lines、Holland America、Norwegian Cruise Lines、Princess Cruises、Royal Caribbeanなど、大型クルーズ船事業者の協会である。障害を持つ人々のアクセシビリティに関する同協会の窓口は、次のとおりである。
 
Ted Thompson
Executive Vice President
International Council of Cruise Lines
211 Wilson Boulevard, 8thFloor
Arlington, VA 22201
電話番号:703−522−8463
電子メール:tthompson@iccl.org
 
 Passenger Vessel Association(PVA)は、小型クルーズ船、ディナー/観光/遊覧船、鯨観察/エコツアー船、ギャンブル船、フェリーなどの事業者の協会である。障害を持つ人々のアクセシビリティに関する同協会の窓口は次のとおりである。
 
Ed Welch
Legislative Director
Passenger Vessel Association
801 N. Quincy Street, Suite 200
Arlington, VA 22203
電話番号:703−807−8360, ext. 265
電子メール:ewelch@vesselalliance.com
 
 沿岸警備隊の分類では、Subchapter Hの対象船舶のほとんどはICCLに属し、Subchapter Kの対象船舶のほとんどはPVAに属している。







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,406位
(31,373成果物中)

成果物アクセス数
6,467

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年7月13日

関連する他の成果物

1.Shipbuilding in Japan 2002
2.東南アジア造船関連レポート21
3.米国テロ事件後の海事セキュリティ対策の動向
4.中国造船業の概況<2001年>
5.米国のエネルギー政策が海事産業に与える影響に関する調査
6.米国における船舶のクリーン推進システム開発プロジェクトに関する調査
7.米国における造船関係研究開発助成制度の実施状況と成果活用等に関する調査
8.英国における統合的海洋管理政策に関する基礎調査
9.WTO加盟後の中国造船・舶用工業に関する調査
10.中東地域造船需要動向調査
11.タイ国におけるモーダルシフトに伴う新規造船需要に関する調査?実現に向けて?
12.船舶解撤の新たな進展と今後の展望
13.中国の造船・舶用工業政策に関する調査
14.海運・造船における電子商取引の現状と展望
15.中国造船業の概況(華北)
16.欧州における船舶からの排出ガス削減対策に関する動向調査
17.2002年度欧州造船政策動向調査
18.東南アジア造船関連レポート22
19.東南アジア・オセアニア地域における旅客船参入手法に関する調査
20.「海と船の企画展」各展開催ポスター/チラシ
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から