日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

平成14年度海洋ビジョンに関する調査研究報告書?沿岸域管理・海洋教育・海上安全保障?

 事業名 海洋シンクタンク事業
 団体名 シップ・アンド・オーシャン財団  


(3)教科書別発行者別「海」「水」掲載数
 表6は教科別にみた「海」および「水」に関する掲載数を示したものである。義務教育全体の『「海」および「水」』に関する掲載総数は1401掲載であり、そのうち「海」に関する掲載数が834掲載(60%)で、全体の約6割を占めていることが把握できた。
 なお、表中の掲載数の単位は「掲載」である。「%」は、『「海」および「水」』に関する掲載総数に対する「海」および「水」に関する掲載数の割合を示したものである。また分野名の「地理」「歴史」「公民」はそれぞれ「地理的分野」「歴史的分野」「公民的分野」の略称であり、「理科1」「理科2」も同様に、「理科1分野」「理科2分野」の略称である。
 
表6 教科別にみた「海」および「水」に関する掲載数
範囲 教科 分野 発行者名 海に関する掲載数 水に関する掲載数 海および水に関する掲載数
小学校 社会 東京書籍 114 309
62%
368
51%
73 190
38%
357
49%
187 499 725
教育出版 97 61 158
大阪書籍 98 56 154
理科 大日本図書 9 51
28%
44 134
72%
53 185
啓林館 23 37 60
東京書籍 19 53 72
生活 東京書籍 0 8
20%
12 33
80%
12 41
啓林館 5 13 18
教育出版 3 8 11
中学校 社会 地理 東京書籍 78 208
66%
391
72%
466
69%
22 109
34%
149
28%
210
31%
100 317 540 676
帝国書院 38 34 72
大阪書籍 92 53 145
歴史 東京書籍 44 150
83%
7 30
17%
51 180
大阪書籍 62 15 77
教育出版 44 8 52
公民 東京書籍 15 33
77%
6 10
23%
21 43
教育出版 14 2 16
大阪書籍 4 2 6
理科 理科1 東京書籍 8 13
45%
 
59
53%
9 16
55%
52
47%
17 29 111
大日本図書 2 7 9
啓林館 3 0 3
理科2 東京書籍 15 46
56%
7 36
44%
22 82
大日本図書 20 13 33
啓林館 11 16 27
美術 日本文教出版 7 16
64%
2 9
36%
9 25
開隆堂出版 7 2 9
光村図書出版 2 5 7
6教科合計 834(60%) 567(40%) 1401
 
1)小学校の掲載数
 表7より小学校では、『「海」および「水」』に関する掲載総数が725掲載で、「海」に関する掲載数と「水」に関する掲載数がほぼ同数であることがわかる。
 教科別にみると、「海」に関する掲載数は、小学校の3教科では『社会』のみ62%と過半数を超えているものの、『理科』においては28%であり、『生活』においても20%程度であった。
 また、発行者別にみると、『理科』『生活』の3者すべてにおいて、「水」に関する掲載数が「海」に関する掲載数よりも多いが、『社会』においては「海」に関する掲載数が3者すべてで多くなっていた。
 
表7 小学校における「海」および「水」に関する掲載数
範囲 教科 分野 発行者名 海に関する掲載数 水に関する掲載数 海および水に関する掲載数
小学校 社会 東京書籍 114 309
62%
368
51%
73 190
38%
357
49%
187 499 725
教育出版 97 61 158
大阪書籍 98 56 154
理科 大日本図書 9 51
28%
44 134
72%
53 185
啓林館 23 37 60
東京書籍 19 53 72
生活 東京書籍 0 8
20%
12 33
80%
12 41
啓林館 5 13 18
教育出版 3 8 11
 
2)小学校の学年別・教科別掲載数
 表8は小学校の学年別・教科別の掲載数を示したものである。この中で、『社会』においては、5年の掲載が最も多くなっており、その要因としては分類項目の中で最も多い掲載数を占める「水産業」の88掲載が抽出されたためである。『理科』においては、6年が39掲載と大部分を占めている。
 
表8 小学校の学年別・教科別掲載数
社会
分類項目 3・4年 5年 6年 合計
合計 合計 合計
水産業 0 0 0 84 4 88 0 0 0 88
歴史 0 0 0 0 0 0 55 1 56 56
環境 0 0 0 4 30 34 0 0 0 34
地域 6 18 24 0 0 0 0 0 0 24
生活 1 10 11 1 3 4 3 2 5 20
国土 0 0 0 11 7 18 0 0 0 18
産業 8 8 16 0 0 0 0 0 0 16
工業生産 0 0 0 15 0 15 0 0 0 15
工業地域 0 0 0 4 4 8 0 0 0 8
貿易 0 0 0 5 0 5 0 0 0 5
地形 0 4 4 0 0 0 0 0 0 4
地図 1 2 3 0 0 0 1 0 1 4
運輸 0 0 0 2 2 4 0 0 0 4
災害 0 3 3 0 0 0 0 0 0 3
森林資源 0 0 0 0 2 2 0 0 0 2
交通網 0 2 2 0 0 0 0 0 0 2
農業 0 0 0 1 1 2 0 0 0 2
社会的事象 0 0 0 0 0 0 0 2 2 2
廃棄物 0 1 1 0 0 0 0 0 0 1
水資源 0 0 0 1 0 1 0 0 0 1
合計 16 48 64 128 53 181 59 5 64 309
 
理科
分類項目 3年 4年 5年 6年 合計
4年上 4年下 4年 5年上 5年下 5年 6年上 6年下 6年
地層 0 0 0 0 0 0 0 3 20 23 23
環境 0 1 0 1 0 0 0 2 11 13 14
物質 0 0 0 0 0 6 6 0 0 0 6
自然災害 0 0 0 0 1 2 3 0 0 0 3
火山 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 2
状態変化 0 0 1 1 0 0 0 0 0 0 1
生活 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 1
エネルギー 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
合計 1 1 1 2 1 8 9 7 32 39 51
 
生活
分類項目 1・2年上 1・2年下 合計
生き物 2 5 7
地域 1 0 1
合計 3 5 8
 
3)中学校の掲載数
 表9より『「海」および「水」』に関する掲載総数676掲載のうち「海」に関する掲載数が69%(466掲載)であり、中学校でも水関係の事項のうち海に関するものが、過半数を占めていることがわかる。教科別にみると、「海」に関する掲載数は、『社会』72%、『美術』64%、『理科』53%と、3教科すべてが『「海」および「水」』に関する掲載総数の過半数を超えていた。
 また、発行者別にみると、『社会』のみ3者すべてにおいて「海に関する掲載数」が多くなっている。
 
表9 中学校における「海」および「水」に関する掲載数
範囲 教科 分野 発行者名 海に関する掲載数 水に関する掲載数 海および水に関する掲載数
中学校 社会 地理 東京書籍 78 208
66%
391
72%
466
69%
22 109
34%
149
28%
210
31%
100 317 540 676
帝国書院 38 34 72
大阪書籍 92 53 145
歴史 東京書籍 44 150
83%
7 30
17%
51 180
大阪書籍 62 15 77
教育出版 44 8 52
公民 東京書籍 15 33
77%
6 10
23%
21 43
教育出版 14 2 16
大阪書籍 4 2 6
理科 理科1 東京書籍 8 13
45%
59
53%
9 16
55%
52
47%
17 29 111
大日本図書 2 7 9
啓林館 3 0 3
理科2 東京書籍 15 46
56%
7 36
44%
22 82
大日本図書 20 13 33
啓林館 11 16 27
美術 日本文教出版 7 16
64%
2 9
36%
9 25
開隆堂出版 7 2 9
光村図書出版 2 5 7
 
4)中学校の学年別・教科別掲載数
 表10は中学校の学年別・教科別の掲載数を示したものである。『社会』においては『地理』『歴史』は1・2年で取り扱い、『公民』は3年で取り扱うこととなっていて、『理科』においては、『1分野』『2分野』共に全学年を通して取り扱われる。教科別にみると『地理』が208掲載と最も高く、次いで『歴史』という結果になった。
 
表10 中学校の学年別・教科別掲載数
社会地理
分類項目
産業 50
地形 30
環境 26
地域 22
大陸と海洋 12
国際間の交通 11
地域区分 8
生活 8
気候 8
領域 8
自然災害 7
資源 7
国土 3
エネルギー 2
防災対策 2
位置 1
文化 1
緯度と経度 1
地図 1
合計 208
 
社会歴史
分類項目
外交 63
戦争 31
生活 13
日本列島 13
交通 12
産業 12
文化 4
古代文明 2
合計 150
 
社会公民
分類項目
環境 14
公害 6
5
地域社会 4
資源 3
生活 1
合計 33
 
理科1分野
分類項目 合計
エネルギー 0 4 4
水溶液 3 0 3
物質 2 0 2
1 0 1
状態変化 1 0 1
環境 0 1 1
1 0 1
合計 8 5 13
 
理科2分分野
分類項目 合計
地層 11 6 17
地形 6 0 6
災害 5 1 6
自然 1 5 6
生物 2 2 4
環境 0 4 4
天気 0 1 1
生活 0 1 1
保全 0 1 1
合計 25 21 46
 
美術
分類項目 1年 2・3年上 2・3年下 合計
自然 5 7 2 14
造形 0 0 1 1
生活 1 0 0 1
合計 6 7 3 16







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
1,235位
(31,428成果物中)

成果物アクセス数
7,644

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2019年8月10日

関連する他の成果物

1.Ship&Ocean Newsletter No.40?No.63
2.国際会議「地球未来への企画“海を護る”」会議録?海洋の平和維持と環境保護のための法的・政策的枠組みと行動計画?
3.海に学ぼう 平成14年度「総合的な学習の時間に向けた「海」関係資料の作成」報告書
4.沿岸域の総合管理の現状分析と将来方向の検討
5.海上保安庁の武力紛争法上の地位
6.我が国の海洋教育の現状と課題?義務教育における教科書の分析を中心に?
7.海洋及び沿岸域のゴミ問題に関する調査研究報告書
8.ヒューマンファクター概念に基づく海難・危険情報の調査活用等に関する調査研究 中間報告書
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から