日本財団 図書館

共通ヘッダを読みとばす


Top > 技術 > 海洋工学.船舶工学.兵器 > 成果物情報

3S級舶用機関整備士指導書

 事業名 舶用機関整備士の資格検定事業
 団体名 日本舶用機関整備協会 注目度注目度5


3.5 燃料供給装置
 ガソリン船外機の燃料装置にはキャブレータを用いる一般的なものと噴射装置を用いるものとがある。また、インテークマニホールドに噴射するものと直接筒内に噴射するものとがある。
 
1)キャブレータ及びフューエルポンプ
 キャブレータを用いる燃料供給装置は、ガソリンと空気を混合させてシリンダ内(燃焼室)に混合気を供給するもので、2・317図に示すようにキャブレータ、フューエルポンプ、フューエルフィルタ及びフューエルタンク等で構成されている。フューエルタンクには小型の船外機付き、大形の船体付き及びポータブル式フューエルタンクがある。ポータブル式フューエルタンクは船内に置かれ、船外機本体とフューエルジョイントで連結される。
 フューエルタンク内の燃料はフューエルポンプによって汲み上げられ、燃料中の異物や水分はフィルタによって除去され、キャブレータに送られる。燃料はキャブレータによって霧化され、空気と混ざり合って混合気となり、2サイクルエンジンはインテークマニホールドとリードバルブを経てクランクケース内へ、また4サイクルエンジンはインテークマニホールドとインテークバルブを経てシリンダ内へ吸入される。
 
(拡大画面:28KB)
2・317図 燃料供給装置
 
(1)キャブレータ
 キャブレータは燃料(ガソリン)を爆発し易いように、適当な割合の空気と混ぜ合わせ霧状の混合気にして燃焼室へ供給する装置である。キャブレータは一般に流動抵抗が小さく効率の良いサイドドラフト方式(横向き通風)の固定ベンチュリ型で、各シリンダ毎に1個設けている。キャブレータを系統別に見ると、フロート系統、スロー系統、メーン系統、パワー系統、加速系統及び始動系統に大別される。これらについては第2章2.6項6)で記述しているのでここでは省略する。また、寒冷地向けに、アイシング防止のためにキャブレータヒータをオプション設定している機種もある。
 キャブレータヒータの構成部品は各キャブレータに取り付ける電気式ヒータと1個のサーミスタ及びコントロールユニット、ワイヤハーネスなどである。ヒータは標準装備のオルタネータからの出力電流で制御される。
(2)プライマリポンプ
 エンジン始動時、2・318図に示すプライマリポンプ本体(ゴム製)を手動操作してフューエルタンク内の燃料をキャブレータヘ送り込み、フロートチャンバ内の燃料レベルを上昇させることによって始動性を向上させる。プライマリポンプの燃料入口と出口にはチェックバルブ(逆止弁)が組み付けられ、燃料の流れる方向を規制している。フューエルタンク側と船外機側のジョイントの形状は同じなので、逆方向に連結すると燃料は流れない。
 
2・318図 プライマリポンプ
 
(3)フューエルポンプ
 フューエルポンプはタンク内のガソリンをフィルタを介してキャブレータに圧送するもので、ダイヤフラム式フューエルポンプを採用している。ダイヤフラムの駆動方法が2サイクルエンジンと4サイクルエンジンで異なる。
 2サイクルエンジンのフューエルポンプは2・319図に示すように2枚(インナとアウタ)のダイヤフラム(ゴム製の膜)、2個(吸入と吐出)のチェックバルブ(ステンレス鋼板製の逆止弁)とインナダイヤフラムの戻しスプリングを内蔵し、クランクケース内の圧力変化でインナダイヤフラムを駆動している。
 
2・319図 フューエルポンプ
 
フューエルポンプの作動
1. 吸入作用
 クランクケース内の負圧が作用してダイヤフラム(インナ)が右に吸い寄せられると、左室内は負圧となりチェックバルブが開いて燃料が左室内に吸入される。ダイヤフラム(アウタ)の左側は大気に開放されているので、右側の負圧によってわずかに変形する。この変形は吐出量を増加させる効果を持つ。
2. 吐出作用
 クランクケース内が正圧に転じると、この圧力によって戻しスプリングが押し縮められダイヤフラム(インナ)を左へ押し付ける。これによってダイヤフラム(インナ)の左室内は加圧され、吸入側チェックバルブが閉じ、吐出側チェックバルブが開いて燃料がキャブレータに送られる。
 4サイクルエンジンのフューエルポンプは2・320図に示すようにロッカアーム、ダイヤフラム、ダイヤフラムロッド、インレット及びアウトレットチェックバルブ、リリーフバルブなどで構成され、カムシャフトのカムでロッカアームを介し機械的にダイヤフラムを駆動している。
 
(拡大画面:41KB)
2・320図 フューエルポンプ
 
フューエルポンプの作動(2サイクルエンジンと同様)
1. 吸入作用
 カムの作用でロッカアームが駆動されるとダイヤフラムはロッドにより下降点まで下がるためダイヤフラム室に負圧が発生しインレットチェックバルブが開き燃料が吸い込まれる。
2. 吐出作用
 カムがリフト部以外になると、ダイヤフラムはスプリング力により押し上げられ、その圧力でアウトレットバルブが開き、燃料はキャブレータに送られる。この時、フロートチャンバ内が規定量になっていると、ニードルバルブが閉じているため、ポンプ内のリリーフバルブが開き吸入側に戻される。
(4)フューエルフィルタ
 フューエルフィルタは燃料に含まれている異物やゴミなどを取り除くもので2・321図に示すカートリッジ式か2・322図に示すエレメント式が使われている。カートリッジ式は定期的に交換すること、またエレメント式はフィルタカップを取り外し、異物や水分を捨ててエレメントを洗浄することが必要である。
 
2・321図 力一トリッジ式
 
2・322図 エレメント式







サイトに関するご意見・ご質問・お問合せ   サイトマップ   個人情報保護

日本財団会長笹川陽平ブログはこちら



ランキング
注目度とは?
成果物アクセスランキング
3位
(28,694成果物中)

成果物アクセス数
1,205,514

集計期間:成果物公開〜現在
更新日: 2017年4月22日

関連する他の成果物

1.3S級舶用機関整備士問題集
2.1級舶用機関整備士更新講習会指導書
3.3級舶用機関整備士問題集
4.1級舶用機関整備士指導書
5.2級舶用機関整備士指導書
6.3級舶用機関整備士指導書
7.1級舶用機関整備士問題集
8.2級舶用機関整備士問題集
9.2・3級舶用機関整備士更新講習会指導書
10.平成14年度団員拡充モデル事業実施報告書(千葉市連盟版)
  [ 同じカテゴリの成果物 ]


アンケートにご協力
御願いします

この成果物は
お役に立ちましたか?


とても役に立った
まあまあ
普通
いまいち
全く役に立たなかった


この成果物をどのような
目的でご覧になりましたか?


レポート等の作成の
参考資料として
研究の一助として
関係者として参照した
興味があったので
間違って辿り着いただけ


ご意見・ご感想

ここで入力されたご質問・資料請求には、ご回答できません。






その他・お問い合わせ
ご質問は こちら から